2019年1月18日公開

チワワちゃん

R15+1042019年1月18日公開
チワワちゃん
2.9

/ 394

12%
22%
27%
20%
18%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

東京の街でつるんでは、青春を満喫していたある若者グループのマスコット的存在だったチワワ(吉田志織)が、東京湾でバラバラ遺体となって発見される。元恋人のヨシダ(成田凌)、親友だったユミ(玉城ティナ)、チワワが好きだったナガイ(村上虹郎)ら残された仲間でチワワのことを語り合うが、誰も彼女の本名や素性を知らないことに気づく。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(88件)

かわいい14.7%切ない13.5%セクシー12.9%悲しい6.5%不思議6.5%

  • eri********

    4.0

    光と影

    以前見た『リバーズ・エッジ』よりずっと良かった。良い悪いではない、ただ今を生きる楽しむ若者の姿が写し出されている。仲間の死で、あるいは時が過ぎて大人になっていくそれぞれのグラフィティ。

  • Msrssz

    1.0

    監督の自己満

    オシャレ風に作っただけの映画。 個性も何も感じない。 いい映画を見終わった後に感じる爽快さや感動が皆無。 いい役者さんを起用していたけど、その魅力を引き出せてない。 もうこの監督の映画は見ない。

  • tal********

    4.0

    ネタバレ陽キャの青春

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • casfi

    4.0

    ネタバレ若い女の子の可愛さと危うさ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • taf********

    4.0

    千脇だからチワワ

    浅倉みなみに恋をする童貞たちを震え上がらすので有名な岡崎京子先生。 女性の生臭さって言うか。 妬みや嫉妬、セックス。男をどう観てるかとか。 そーゆーリアルを平気で書いてしまうんだから。 本作で思ったのが、 90年代の原作が、2020年の女性と抱えている問題が同じなのか?ってところです。 たぶん、無理があるでしょうねぇ。 舞台は現代ですが、そこにいるキャラクターたちはどうも90年代臭い。 セリフの中にも、「しゃぶしゃぶ奢ってあげる」ってのがあったんですが、 しゃぶしゃぶって、最近あんまなくないですか?なんかこーゆーところに90年代を感じます。 今の若者も30代でも、飯どこ行く?ってなってしゃぶしゃぶと答える人は少なそう。 えっ?しゃぶしゃぶ?ってなりそう。 昔はよく食べたんですどね。最近あんまり身近にない気がします。 しゃぶしゃぶ、ノーパンしゃぶしゃぶとか、90年代って感じです。 全体的な演出として、 ミュージックビデオ率が高すぎて 映画としては楽しみにくいです。 なんか、美容院とかで流してるのが合ってそう。 女性って、 女を見下してる男に振り回されるの好きですよね。 一途で優しい男よりも。 そして傷ついて捨てられて。 なんで? 軽い気持ちで観始めましたが 初めはどーかなぁって感じでしたが 割と面白かったですよ。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
チワワちゃん

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日