ここから本文です

ROMA/ローマ (2018)

ROMA

監督
アルフォンソ・キュアロン
  • みたいムービー 321
  • みたログ 700

3.67 / 評価:487件

監督の思い出作品。

  • スーザン さん
  • 2019年6月30日 23時15分
  • 閲覧数 166
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

今作は、あくまでもアルフォンソ・キュアロン監督の70年代少年時代へのノスタルジー作品であり、私的な思い出作品だと思って観ないといけない。

そうでないと、裕福な白人家庭から見たメキシコ人の使用人、という図がどうしても不快に感じるからである。
映画は家政婦のクレオの視点から描かれているような体裁だが、映画を撮ったのは家族の側のキュアロン監督なのだから。

これが全くのフィクションで一から作り上げられた話、というのなら、クレオの話として理屈抜きに楽しめたかもしれない。
何とも微妙である。

ただ、この監督らしく映像は凝りに凝っていてその美しさは堪能できる。
ちゃんと劇場で観られて良かったです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ