ここから本文です

サスペリア (2018)

SUSPIRIA

監督
ルカ・グァダニーノ
  • みたいムービー 213
  • みたログ 670

3.04 / 評価:548件

リメイクの噂を聞いた時は心配だったけど…

  • lockabbyjp さん
  • 2019年7月17日 11時03分
  • 閲覧数 435
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

一大ブームを起こすほどのオリジナルをリメイクする術として、これくらいの振り切れ方が必要なのかなと思いました。

少なくとも近年のヘタレリメイク…「キャリー」「トータル・リコール」「オリエント急行殺人事件」…などなどにくらべたら、実に気が利いているなと。

とにかくボリューミー!音楽CDに例えたら、名作アルバムをリマスターして、ボーナストラックもふんだんに収録しましたーって感じかな?2枚組のエクスパンデッド・エディションとして。それが良いか悪いかはわかりませんが…。

だって正直、2時間半の長尺はありえないだろうと思いました。でも、換骨奪胎・拡大解釈の激しさを目の当たりにしたら、納得せざるを得なかった。ああこりゃ、これぐらいの長さじゃなきゃ表現しきれないわと…。妙な破壊力に満ちていた。

その最たる拡大解釈が、ダリオ・アルジェントがオリジナル版に密かに込めていたであろう政治的なアナザーストーリーを、魔女バレエ団と同時に描いたところ。

リメイク版の監督、ルカ・グァダニーノのリスペクト魂を感じた展開だったと思います。と同時に、憎悪や恐怖も痛いほど感じました。

ただ好きって感情だけじゃない、トラウマも植え付けられたらしいオリジナルへの歪なる思いが、こんな(あえて)狂ったリメイクに結実したのだなと。

そういう意味では新旧それぞれの作家性を尊重しあえて、幸福な関係を築けた作品に仕上がったんじゃないかなとも思いました。オリジナルの毒々しい、若干幼稚さも透けて見える恐怖も好きだし、リメイクの思わせぶりな格調高さも面白かった。

格調高いんだけど、妙に世俗的な魔女団の内ゲバ描いたり、血みどろ儀式の後片付けをさり気なく見せたり(笑)、思わず突っ込みたくなる魔女たちの日常がちょい愛しかった(笑)。

ジェシカ・ハーパーが出てたのも嬉しかった!ダコタ・ジョンソンは同年代の他の女優とは違った方向性で、息の長い活躍をしてくれそう。両親喜んでるかな?

そしてティルダ・スウィントン!3役はビックリした!血の気が薄そうなこの個性派女優さんにはいつも驚かされる。「スノーピアサー」も攻めてたし、「フィクサー」のワキ汗ビショビショも衝撃だった。首を大事にして今後も活躍していただきたいです(笑)。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • スペクタクル
  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 知的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ