レビュー一覧に戻る
サスペリア
2019年1月25日公開

サスペリア

SUSPIRIA

R15+1522019年1月25日公開

taf********

1.0

ぽこぽこちんちん丸

裸のおっさんのちんちんを見て おばさんたちがゲラゲラ笑ってるのを 若い女が物陰から少し嬉しそうに見てる。 そんな映画でした。 2回観ましたが、 やっぱり意味不明で理解できなかった。 2回目は完全に理解するために 日本語にしたけど、 ほとんどドイツ語なので意味なかった。 ちんちんが出てくる映画って 意外とあるんだなぁと思いました。 最近観たちんちん映画は ミッドサマーやザ・スーサイドスクワッド 女性の裸や、ちんちんが出てきても 何も性的なものを感じないものですね。 昔のサスペリアは見た事がないのですが、 本作はちんぷんかんぷんちんちん映画ですが 昔のサスペリアは、凄く単純な映画だと聞きました。古すぎるのでそれもあまり見る気になりませんが、昔のサスペリアを観ないと本作は理解できないのでしょうか? と言うか、 前作を見ないとダメとか、 裏設定や、実はこういう話なんだって言うのを 前知識がないと楽しめない映画ってどうなの?って思いますけどね。 わけがわからなかったけど、 ストーリーラインを整理すると、 謎の女だらけの劇団があって、 そこからパトリシアとか言う女が逃げ出してきて その子は精神科医のおっさんのとこで診断を受けてるけど、病人と思われている。 そんなこんなで スージーという主人公の女の子がその劇団にやってきて、パトリシアの代わりに主役に抜擢される。 その劇が、魔女かなんかの儀式で 地下室にあるぶよぶよばばぁ魔女が 若い女の体と入れ替わろうとしてるけど、 なぜかスージーは返り討ちにして帰る。 たぶん、そんなストーリーなんだと思うけど レッスンの様子とか、急に骨折したりとか 男を捕まえて裸にしてちんちん見てゲラゲラ笑ってたりとか 一体何をしてるのかが 全く理解できませんでした。 精神科医のおっさんが、 患者のパトリシアが消えたから 劇団に探しに行ったら なんかわからんけど捕まって 裸にされて、またしてもちんちん丸出しにされてる。 ちんちん丸出しですが、役者さんは女性なので作り物のちんちんです。 たぶん。女性にはちんちんは付いていないですしね。 僕は馬鹿なので、こういう天才たちが楽しむ映画はとても理解できませんでした。 こんな頭のいい人たち向けに作られた映画は僕みたいな馬鹿な人間は観ても楽しめないのです。 頭のいい遺伝子の元生まれ、こういう頭のいい天才たちのための映画が楽しめる人間になりたかったです。

閲覧数365