2019年3月1日公開

岬の兄妹

R15+892019年3月1日公開
岬の兄妹
3.6

/ 413

23%
36%
24%
11%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

港町に暮らす良夫(松浦祐也)はある晩、自閉症の妹の真理子(和田光沙)が、男に体を許して金銭を受け取ったことを知る。そのころ、良夫が勤める造船所でリストラがあり、良夫は足が不自由であることを理由に辞めさせられてしまう。困窮した良夫は妹の売春のあっせんを始めるが、次第に妹の喜びや悲しみを知り困惑する。さらに売春のことを知った友人が、良夫に忠告しに家にやって来る。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(96件)

絶望的20.0%切ない20.0%悲しい14.3%笑える7.6%泣ける7.1%

  • スピカ

    3.0

    しんどい作品

    健康で健全に、人間らしい生活を送れてる人には想像もできない日常。 トラウマ映画です。

  • byung

    4.0

    ネタバレラストの解釈が気になって❗️

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • たーちゃん

    4.0

    ネタバレ強烈です

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hik********

    3.0

    これほど何もかもを曝け出している映画を他に知らない。

    率直に言って、大、大、大問題作である。 「さがす」に衝撃を受け、衝動的に鑑賞したが、あれの比じゃないほどの強烈な映画だった。片山監督には巨匠の片鱗を感じざるを得ない。しかも制作費は監督の実費ときたものである。 全編にわたって極めて生々しい、あまりにも見るに堪えないシーンしかない。キャストの名演も相まって、確実に観客の心を抉ってくる、いやこの映画的に言うならば“噛みついて”くるだろう。 「さがす」同様、根底に社会問題を提起しているのも巧みであり、何よりこれほどエゲツない内容にもかかわらず、さりげなくコメディを入れている絶妙さも流石だ。 「まだまだ出るぞ!!」のシーンは確実に邦画史に残る迷シーンだろう(笑) 決して気軽な気持ちでは見ない方がいい映画だが、一度は、特に映画ファンなら絶対にこの衝撃を受け止めなければならない義務がある。

  • OngaRoger

    4.0

    現実

    日本の現状を 何が経済大国だと。思う こんな境遇で苦しんでいる 社会的弱者は、この国に溢れているのを 実感している。思い起こしてくれる 切れる作品。 役者さんたちが、リアル。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
岬の兄妹

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日