ここから本文です

冬時間のパリ (2018)

DOUBLES VIES/NON-FICTION/DOUBLE LIVES

監督
オリヴィエ・アサイヤス
  • みたいムービー 68
  • みたログ 49

3.31 / 評価:36件

夏時間の東京

  • greenpenguin さん
  • 2020年2月9日 22時00分
  • 閲覧数 444
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

不倫の話である。

登場する二組の夫婦はいかにも感が溢れている。

東京では、逆のイメージ代表の鈴木杏樹・東出昌大が堂々と不倫している。

内容のないことをオブラートで包み、数の台詞で表現することはフランス映画的でそれは良い。

ただ最後のシーンですべてを片付けてしまう構成はあまりに安直だ。

体外受精でできず、医者から二人には子供はできないと宣言され、
その行為もあまり行っていないのにできたという言葉で、ひっくり返すのは手抜きといえよう。

紙媒体にしろデジタル媒体にしろ、映画は小説ではない。

表現すべきところはもう少し丁寧に映像で示すべきだと思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ