ここから本文です

スパイダーマン:スパイダーバース (2018)

SPIDER-MAN: INTO THE SPIDER-VERSE

監督
ボブ・ペルシケッティ
ピーター・ラムジー
ロドニー・ロスマン
  • みたいムービー 481
  • みたログ 2,771

4.24 / 評価:2247件

アニメでしかできないスパイダーマンの魅力

  • からかす さん
  • 2020年4月13日 19時31分
  • 閲覧数 780
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

みんな大好き「スパイダーマン」だが
日本的に特に知名度を上げた2002年サムライミ版実写映画から
TVゲーム「Marvel's Spider-Man」と非常に
高いクオリティで作品化されてきてからの今回の長編アニメ版。

一言で素晴らしい出来。
アニメーションでしかできないスピード感・ケレン味がたっぷり。
例えば本作の主人公マイルスの趣味のグラフィティをベースに
極彩色のギラギラした雰囲気は実写でやると
DCの「バットマンフォーエバー」や「シャザム!」とかになって
結構チープに見えてしまうところを
アニメーションだから飲みやすい絵になっている。

とにかく登場するスパイダーマン「達」のカッコいいこと。
それぞれにそれぞれの個性があり、見せ場がある。
それでいて彼らは「スパイダーマン」であり「親愛なる隣人」で
親しい人を亡くしたヒーローであるのがグッとくる。
メインのヴィランとなるキングピンも
実写では無理だからこそのアニメならではのキャラ立ち。

はっきり言って一見さんお断りな作りだとは思う。
スパイダーマンの歴史にある程度造詣がないと
こんなものかと肩透かしを食らうかもしれないが
ファンムービーとしてこれは100点の出来だと思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ