2019年3月8日公開

スパイダーマン:スパイダーバース

SPIDER-MAN: INTO THE SPIDER-VERSE

1172019年3月8日公開
スパイダーマン:スパイダーバース
4.2

/ 2,341

50%
31%
13%
3%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(344件)


  • delu

    3.0

    Amazon 2022年5月視聴

    評価3.4

  • drm********

    4.0

    すげえ

    とにかく映像の質とテンポがとんでもなくすごい。 常人ではとてもとても考えつかないアイデアが全シーンに散りばめられていてびっくり。 構図など、勢いで作られている感じに見えてその実、計算されまくっているのが怖いくらいに素晴らしい。 マルチバースのアイデアもすごいことだが、惜しいことに自分が『ノーウェイホーム』を先に観てしまった為か、驚きは半減していた…。 画に情報があり過ぎる分、物語はわりとシンプルで観やすいが、それだけにもう一捻り大きな情報がついてくればよかったのかなと感じた。 しかし…続編が非常に楽しみだし、好きな『スパイダーマン』シリーズでまた一つ素晴らしい作品が生まれたのが嬉しい。

  • bpp********

    5.0

    アベンジャーズはやっぱり必要なかった

    マーベルシネマティックユニバースを楽しめない私にはやっと正統派のスパイダーマンが見れて良かった! 別次元の皆毛色の違うスパイダーマン達大集合にはドギモ抜かされた!しかもコミックスキャラだからアメコミ漫画風の演出が随所にみられスタイリッシュでカッコ良すぎる!! しかもホームシリーズよりアクションの見せ方が巧く迫力ある面白いアクション。 やっぱりスパイダーマンは単体でやっていける力をもった作品だし、何よりこれ1作で完結する物語なので今の続編ありきの映画の残尿感が無くみた後スッキリするのは最高! 映画業界苦しいのは解るけどキャラごった煮お祭りAKB商法もいずれ飽きられるよ。それよりも単体で魅力的なヒーロー描いた方が今後のためにも良いことだと改めて思った作品。

  • SN

    3.0

    ネタバレ復習のつもりで

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 母里友信

    5.0

    最高です。

    アニメ映画なので余り期待してなかったが、映像が綺麗で良かった。ストーリーも良かった。ユーモア的な部分も所々あり楽しめた。  登場人物が多く、マルチバース(別次元)の作風の全く違うスパイダーマン達も出て来るが、ごちゃごちゃした感じはしない。巧く纏められてる。  続編が決定してるそうだが、東映版スパイダーマンが出てるかも。そしてレオパルドンは如何に。(コミックでは登場してるらしい)

  • snt********

    5.0

    ネタバレ昔観たいと夢見た未来のアニメ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mid********

    4.0

    キングピンってさ・・・

    マーベル得意のマルチバースだぜぃ!何でもありのあーりありと。モダン焼にチーズも納豆も、なんならコンペートーまで入ってっぜみたいな?!・・あれ、お石ソーじゃん(ー_ー)!! で、結局んところ、すっげー楽しめました。はい、テンションはい。ところでキングピンって何もんなの?

  • nin********

    4.0

    ネタバレポリコレ配慮でも嫌味のない黒人主役

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sb5********

    3.0

    ネタバレNWHより後に観て良かった

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • モナリザパーキング

    3.0

    アニメならではの表現力は圧巻!

    スパイダーマン スパイダーバース 進学校に転校した高校生が主人公。 蜘蛛に噛まれもう一人のスパイダーマンになってしまう。思春期のスパイダーマン誕生! 悪党の大きな壊滅プロジェクトを阻止する為戦っていた本家ピーター(スパイダーマン)が殺されてしまう! 秘密を知り、本家ピーターから破壊する為のチップを預かった主人公は慣れない特殊能力を武器に新たに加わった仲間と成長しながら戦う! ◎79C点。 ★スパイダーマンうってつけの映像美であっという間に鑑賞。 ◎良くも悪くも印象ベスト5! 5️⃣仲間の信頼関係がやや薄い△ 4️⃣今までのスパイダーマンを感じさせない感◯ 3️⃣新たなヒーロー誕生にワクワク感◎ 2️⃣仲間の絵のタッチが違うので違和感あり× 1️⃣ アニメを最大に利用した映像美と表現が凄い◎

  • MOON

    1.0

    微妙

    スパイダーマンは全て作品見てきたがアニメだったので保留にして見ていなかったがレンタル落ちがあったので購入して視聴。 内容がどうのよりなぜこの動きが不自然な映像製作になったのか意味不明。 自分の中では残念な作品になってしまった。見るのが疲れる映像・・・。

  • rak********

    4.0

    流れるように。。。

    日本の漫画、アニメの方が好きなの だけど、この映画はCGと音楽が 流れるように見せるのがとても 良くて、キャラクターが生かされ ています。 そのおかげで目が離せない作りに なっていて最後まで楽しく 見れる作品に仕上がっていた と思います。

  • エル・オレンス

    5.0

    凄い!まさかここまで圧倒される映画とは!

    話題になった公開当時(2018)に「アメコミ調演出のCGアニメーション」と聞いて以来、アメコミタッチに抵抗があった自分は、今の今まで観る機会をずっと避けていました。 そして観終わった今、なぜもっと早く観なかったのかと激しく後悔している自分がいます。 かつての自分のような理由で観るのを避け続けている人は、ほんとに大損しているので、今すぐにでも観て欲しい! こんな映像体験は初めて!!まさに新生のアニメーション!! 映像演出だけでなく、脚本もよく練られており、途中で予期せぬ超展開が待ち受けていたりと、目が離せません! アカデミー長編アニメーション映画賞で、無双状態だったディズニーの長年の連勝記録更新を打ち止めたのも大納得の素晴らしき映像クオリティ体験を、ネタバレ一切無しで、貴方のその目で是非! ====================================== ★2018年アカデミー賞 長編アニメ賞受賞   ★2018年ゴールデングローブ賞 アニメ映画賞受賞

  • ang********

    5.0

    評価者の51%上が満点、逸品中の逸品

    レビュー1991作品目。WOWOWシネマにて視聴。 アニメ特撮ゲームSFゾンビそしてゴジラ愛の、還暦主婦です。 映画館で、スパイダーマンかヴェノムだか何かの作品を見た時に、 本作品のCM画像が延々と・・体感15分位流れて。 それがまた、究極に醜悪でかつ面白味ゼロと感じ、WOWOWで録画した後も一年近く見なかった作品が、本作品。 評価平均が★4.2超えも信じられなかったし。 いやあ「食わず嫌い」もここに極まれりでしたわ。 つか、私は悪くないぞ。あのCM映像の編集者が酷すぎる。 あのCMを見た上で映画館に足を運んだ方は、変人さんです。 さて本作品。スパイダーマンのCGアニメ版。 何たって「スパイダーマン」は、マーベル作品の中で唯一「日本が制作版権を購入した作品」であるから、思い入れもひときわ。 その後、儲かってウハウハのマーベルが「買い戻したい」「返せ返せ」と言っているが、断固として拒否して頂きたい。 そして本作品の主人公のスパイダーマンは「黒人少年」 また黒人か。まあ中国人のどちらかだよね。 ※いずれ、白雪姫もシンデレラも黒人か中国人になるに違いない。 でも、そんな事は映画の出来の良さに消えてしまう。 メインの黒人少年と、ダブル主役を張るのが白人スパイダーマン。 この「ぶくぶく中年太りの、枯れたオッサン」が、中身はどうして、まだまだ正義感に溢れており、別の世界のスパイダーマンである黒人少年スパイダーマンを導き育てる。 黒人少年は、反発しながらも「身体能力は、流石に少年。黒人。蜘蛛人間」であり、動きは見事。 そして、中盤~終盤には、彼方此方の世界のスパイダーマンが終結。 ツンデレ女性も居れば、「うお赤ちゃん?」も居れば。 全員が、「魂はスパイダーマン」であり。 全員が、人類の為に体を張る。 あ~~~~良いなあ。 ネタバレ表示にしないので、アラスジだの結末だのは書きませんが。 なに、そんな小難しい話じゃありません。 スパイダーマンですから。子供や老人にも優しい作り。 そしてコアなヲタク層の好みもばっちり解ってらっしゃる。 ★1000

  • hik********

    5.0

    数多のアニメを過去にした、罪深き大傑作。

    最っ高に面白かった!!! ブルーレイで観終わった直後から、興奮と感動で身震いが治まらず、一もニにもなく、再見してしまった。そしてまた大興奮再びのエンドレス… 全体的なクオリティが、もはや革命的なレベルだった。尋常じゃ無いほどの人員と手間暇をかけているだけはある。 アカデミー賞の受賞も納得だ。 シナリオも素晴らしいが、全編の台詞という台詞が、徹底的にまで洗練かつ計算されている。 ウィットに富んだコミカルでテンポの良い台詞回しや、実は探せば多くの伏線が敷かれている。最低、2回の鑑賞は必須だ。 もっとも、スパイダーマンシリーズとしては異色な内容で、ここで敬遠してしまう人もいるかもしれないが(告白すると、他でも無く私がそうだった)、 その実は従来の作品のテーマと同じで、あくまで王道なヒーローものである。 喪失からの再生。家族との絆。 自らのアイデンティティと、ヒーローとしての責務に目覚めていく様を、残酷ながらもドラマチックに描いている。 そして極め付けは、さしずめ“見るアメコミ”とでも言うべきか、キレッキレでスタイリッシュなアニメーションだ。 これはもうご自身の目で、この革命的映像を確認していただきたい。 ところが悲しい事に、日本では今ひとつ話題にならずに終わってしまった。いかんせん濃いアメコミ調ではあるので、このノリに敬遠してしまう人が多かったのだろうか。 難点としては、「スパイダーマン」シリーズを完全に初見の人は、流石にややとっつき難いかもしれない。 他のMCU作品を観ずに、いきなり「アベンジャーズ」を観るようなものだ。ましてや、これだけ異色な内容なら尚更だ。 個人的にオススメなのは、サム・ライミ監督版「スパイダーマン」3部作の予習だ。せめてパート1だけでも観ておけば、内容に入り込みやすいと思う。 もちろん、原作を含めて多種のスパイダーマンを知っている人ならば十二分に楽しめると思うが、なかなかそう都合が合わない人の方が多いと思う。 その弊害が、ラストの“アレ”である。元ネタを言ってしまうと1967年版のアニメの「スパイダーマン」なのだが、当然知らない人にはちんぷんかんぷんだったと思う。 もう一つ不満点としては、ノワール、ベニー、ハムの出番&活躍がやや物足りない所だ。 もちろん尺や構成の都合なのは承知の上だが、とても魅力的なキャラクターなだけに、物足りなさはひとしおだ。 いっそのこと、前後編の構成にして欲しかった。 ある意味では、誠に罪深い一作である。 今後、製作されるかもしれないスパイダーマンのアニメ、いや、スパイダーマンに限らず他の全てのアニメーション映画は、本作の後塵を拝する事になってしまうだろう。 …と思ったら、つい先日、なんと続編の製作が発表されたではないか! 気が早いのは承知の上だが、スパイダーバースによるアニメーション革命は、まだまだ止まるところを知らない!!

  • pin********

    5.0

    久しぶりにビンビンきましたよ!

    これは面白い。 スパイダーマン・ファンならずとも、アニメ・ファン必見の作品じゃないかな。 物語は、異次元から集まったさまざまな「スパイダーマン」たちが、主人公を支え、成長させていくという王道の展開。 でも、いままでのスパイダーマンの物語の呪縛から離れて、「クモにかまれて超能力を得る、おじさんが自分のせいで死んでしまう。」というスパイダーマンのアイコンを使って、自由に発想をふくらませています。 で、こんなことを言うのは僕だけかもしれないんだけど、手塚治虫のアニメを見ているのかと思うくらい、手塚カラーを感じてしまいました。 異次元からやってきたスパイダーマン達のうち、後半に現れる三人、モノクロのハードボイルド・スパイダーマン、未来世界からやってきたロボットに乗り込む女の子、そして、ブタのスパイダーマンはまさに手塚アニメ。 未来の女の子ペニー・パーカーなんて髪型からして手塚漫画だし(しかも日系人設定?!)、スパイダー・ハムことピーター・ポーカーはヒョウタンツギそっくり。 手塚漫画自体がアメリカのコミックの影響をもろに受けてなりたっているわけですから、本家帰りみたいなもんじゃないかと思いました。 絵がおしゃれだし、アニメーションの様々な手法を使っているところも面白い…これも、手塚治虫がやりたがったことですよね。 もちろん、スタン・リーのカメオ出演もきちんとありますよ。(アニメなのに、いやアニメだから?)

  • だっふぃー

    5.0

    圧巻な映像美

    劇場で見たかったと思える作品だった。 この表現は日本アニメではできないのでは無いか? とにかくよかった!

  • うんぽこうんぽこ

    4.0

    海外アニメってこんなレベルなの!?

    ドリフばりに濃いキャラクターが数多のスパイダーマンとして活躍してくれるのは多分現時点で本作だけでしょうが、期待以上のはちゃめちゃ演出に脱帽! 本作は圧倒的にアニメとしての演出が突出しているため、完全に観る映画になっています。ハイスピードに進むストーリー展開が主人公に感情移入させる間をあまり与えないが故に爽快感がたっぷり味わえる本作は怒りのデスロードに匹敵する出来栄えと言えっても過言ではないでしょう!!

  • wa********

    5.0

    ネタバレアニメなので、期待してなかったのですが!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • par********

    4.0

    ウェルメイド

    高水準でまとまってるし映像表現にも眼を見張るが、悪く言えばそれだけで、ウェルメイドに収まってる惜しさがある。並行作品の客演映画という魅力を物語上であまり活かせていない。これなら東映の仮面ライダー映画のほうがまだ挑戦的ではないかと思った。次回作に期待。

1 ページ/18 ページ中