レビュー一覧に戻る
アルキメデスの大戦
2019年7月26日公開

アルキメデスの大戦

1302019年7月26日公開

ちあき

4.0

裏が表になって、表が裏になる

事実をもとにした戦争フィクション映画。 戦艦大和の正当性をめぐる攻防で、賛成派が提出した安すぎる建設見積もりの不正を、天才数学者の主人公が数学によって暴いていく話。 割と早い段階で不正が暴かれ、終わり?と思っていたが、そのあと予想だにしなかった展開に。 裏だと思っていた人が表になって、そしたらまた裏になった。 感情が忙しかった。いい意味で! でも、一回見れば十分!ということで星は4。 「日本は負け方を知らない」 とても印象的なことばだった。 話がずれるかもしれないけど、「負け方を知る」ことはとても大事だと思った。 負け方を知らないから、今でも争いが絶えない。 戦争という大きな争いも、日常のちょっとした小競り合いも。 もし私に子供ができたら、上手な負け方を教えてあげよう。 負け方を知らないと、人生はちょっと生きづらい。

閲覧数3,561