ここから本文です

上映中

アルキメデスの大戦 (2019)

監督
山崎貴
  • みたいムービー 1,337
  • みたログ 4,798

4.11 / 評価:4,010件

どこか感じる小ささ

  • joyjoymovie さん
  • 2019年7月28日 15時38分
  • 閲覧数 974
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

評判の良い映画にケチを付ける気は毛頭無いし、山﨑貴監督
も好きなのだが、観た感想を正直に言うと映画に小ささを感
じた。
まず、戦艦大和ってこんなに小さかったかな?と感じた。
勿論、本物を見ている訳もなく、私の比較対象は学生時代に
観た『連合艦隊』の戦艦大和。
その威圧感というか威容は38年前の映画の方があったよう
に思う。

そして、映画全体として戦争映画の悲惨さが小さいように思
う。
勿論、この映画の真骨頂は櫂直が戦争を回避するために大和
の建造見積の不正をその類まれな数学力で暴くところにある。
戦争時代を背景にしているが一般的な戦争映画のように戦争
そのものをテーマにしている感じがしない。
現代劇のようでもあり、戦争映画としては小さく思えた。

そんな小さく思える映画に深みを与えているのは敵役の2人。
橋爪功と田中泯。
菅田将暉がいくら好演しても敵役が憎らしくないとカラ回り
してしまいます。
舘ひろしは申し訳ないが軽い感じが吹っ切れない。
☆3.8

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ