ここから本文です

ブラック・クランズマン (2018)

BLACKKKLANSMAN

監督
スパイク・リー
  • みたいムービー 651
  • みたログ 1,666

3.74 / 評価:1248件

解説

『ドゥ・ザ・ライト・シング』などのスパイク・リーがメガホンを取り、第71回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した実録ドラマ。1970年代末のアメリカを舞台に、2人の刑事が過激な団体で潜入捜査する。ドラマシリーズ「Ballers/ボウラーズ」などのジョン・デヴィッド・ワシントン、『ハングリー・ハーツ』などのアダム・ドライヴァーのほか、ローラ・ハリアー、トファー・グレイス、アレック・ボールドウィンらが出演する。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

アメリカ・コロラド州コロラドスプリングスの警察署に、初の黒人刑事として採用されたロン・ストールワース(ジョン・デヴィッド・ワシントン)は、捜査のために電話で白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)のメンバー募集に応募する。黒人であることを隠して差別発言をまくし立てた彼は、入会のための面接に進み、彼の代わりに白人の同僚刑事フリップ・ジマーマン(アダム・ドライヴァー)が面接に向かう。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.
(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

「ブラック・クランズマン」メッセージ映画であると同時に極上のエンタメでもあるスパイク・リーの会心作

 1970年代に、黒人でありながら白人至上主義の過激派団体KKKを潜入捜査するという困難なミッションに挑んだ元刑事ロン・ストールワースによる回顧録「ブラック・クランズマン」の映画化権を当初獲得したのは「ゲット・アウト」の監督ジョーダン・ピールだった。だが彼は「自分よりも相応しい人物がいる」と尊敬してやまない大先輩に監督の座を譲った。スパイク・リーである。

 ピザ屋が舞台の「ドゥ・ザ・ライト・シング」から伝記映画「マルコムX」に至るまで、リーは様々な視点からアメリカ社会における黒人の苦闘を告発し続けてきた映画作家だ。バラク・オバマが黒人初の大統領に就任して以降は、こうした姿勢がしばしば時代遅れと批判されていたものの、ブラック・ライブズ・マターの高まりや、人種差別を隠そうともしないドナルド・トランプが大統領の座についたことで状況は一変した。そう、今こそスパイク・リーの怒りが求められているのだ。

 期待に応えてリーは、KKKの醜悪さと黒人運動のクールネスを対比し、ハリウッドにはびこる差別意識を皮肉りながら、KKKの大幹部デヴィッド・デュークが劇中で繰り返し唱える「アメリカ・ファースト」が国家の政策となってしまった現在のアメリカを叩いてみせる。

 しかし本作は決して硬直したメッセージ映画ではない。物語の基調はストールワースと相棒の白人刑事フリップを核にした熱血バディ・ムービーである。さらにリーはそこにアクションやサスペンス、ロマコメの要素をも盛り込んだ極上のエンタメ作として映画を仕上げているのだ。

 ストールワースを演じたジョン・デヴィッド・ワシントン(デンゼル・ワシントンの息子)をはじめ、フリップ役のアダム・ドライヴァーやヒロインのローラ・ハリアーらキャストは総じて好演。個人的にはKKKの構成員に扮したポール・ウォルター・ハウザーにヤラれた。悲しいほど頭が悪い小悪党ぶり、「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」で彼が演じていた役とキャラが全く同じなのだ!(長谷川町蔵)

映画.com(外部リンク)

2019年3月21日 更新

本文はここま>
でです このページの先頭へ