ここから本文です

ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ (2018)

地球最后的夜晩/LONG DAY'S JOURNEY INTO NIGHT

監督
ビー・ガン
  • みたいムービー 46
  • みたログ 62

3.53 / 評価:45件

ごちゃまぜ物まね映画かと思いきや、傑作。

  • おすむすだん さん
  • 2020年3月4日 14時01分
  • 閲覧数 465
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

『この夜の涯てへ』より原題の『イン・トゥー・ザ・ナイト』の方が、この映画のカンジですね。最初、映画館の音のレベルが大きすぎるのかと思ったが、これはそのような温情設計だったようだ。音が状況説明しているし詩情豊かにしているし、抒情、郷愁、それらを増している。セリフ回しが村上春樹の小説のようだなと思い、これは失敗だったかなと思いきや、60分長回しに入り、夢のフィールドに入りワンカット映画特有の体験型映画、夢の中をさまよい輪郭をゆき、居心地が良かった、もう一度見たい・いや。行きたいというべきか。
 タルコフスキー映画のコップや、水や、リンゴや、あからさまな真似が出てきて笑ってしまうくらいだが、これがいいのだ。村上春樹のパラレルワールド、『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』『ねじまき鳥クロニクル』『1Q84』の世界観あり、『千と千尋』の夢の世界があり、侯孝賢、エドワードヤンの郷愁、原風景あり、豊饒な夢の世界だ。夜、ロープワークで夢の世界に降りていくシーンは、圧巻。たゆたい、なつかしく、ここちよく、われも、じかんもわすれて、たのしめた。

 アザミ嬢のララバイの。冒頭部分が、あんなにノスタルジックに湿った音だったとは。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 不思議
  • 知的
  • 切ない
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ