ここから本文です

ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ (2018)

地球最后的夜晩/LONG DAY'S JOURNEY INTO NIGHT

監督
ビー・ガン
  • みたいムービー 46
  • みたログ 62

3.53 / 評価:45件

哲学的に解釈する必要がある映画

  • acc******** さん
  • 2020年3月5日 1時53分
  • 閲覧数 391
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

アート的な映画。
これは中国映画だが、西洋のプロトコルで解釈して、降りる→潜在意識に潜る=夢の中と解釈してよいのか?
後半のみ3Dワンシークエンスなのは、潜在意識(3D・編集無)が真実で、前半の現実世界(2D・編集有)が虚構である、ということを表現しているという解釈でよいのか?
この解釈が正しいのであれば、この映画を全編2D上映している劇場は映画の表現を壊している可能性があるが。。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • 不思議
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ