ここから本文です

ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ (2018)

地球最后的夜晩/LONG DAY'S JOURNEY INTO NIGHT

監督
ビー・ガン
  • みたいムービー 46
  • みたログ 62

3.53 / 評価:45件

夢幻の旅

  • algcir さん
  • 2020年3月11日 17時30分
  • 閲覧数 552
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

3Dで観ましたが映画内映画としてタイトルが映し出される時に異空間に入り込んでいくイメージとしては有効でした。しかし後半60分を見終えた時、あえて3Dに固執することも無いのかなと感じました。

この映画特にストーリーを追う必要は無く夢幻の空間を主人公と同期し、体感する映画で自分は心地良い時間でした。

後半60分の長回しで表現される閉鎖された空間に於いて過去の自分と出会い、2人の同じ名を持つ女との演劇的な空間は、タルコフスキーのストーカー、ウオンカーウアイ&クリストファードイル、リンチ、デパルマ的であり映画的な記憶に溢れた刺激的なものでした。

ビーガン監督の手中でまんまと踊れされ確実にカオスでオリジナルな異空間に魅了されました。

本作の反響に呼応してデビュー作も近日公開との事。こちらも40分の長回しがあるとの事。

この才気溢れた若手監督は既に自分のスタイルを獲得しており次が楽しみな監督となった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • 不思議
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ