レビュー一覧に戻る
ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ
2020年2月28日公開

ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ

地球最后的夜晩/LONG DAY'S JOURNEY INTO NIGHT

1382020年2月28日公開

moritama

4.0

深く美しい心の闇への旅

久しぶりに物語から解放された映画を見た。 ゴダールやルイマルのヌーヴェルヴァーグに近い印象。 物語の起承転結を追おうとすると訳分からなくなってしまう。 時間からも空間からも解放された映画。映画ならではのマジックを体験するといってもいい。 映画途中から3Dになるというのも前代未聞。 どういう合図で3D眼鏡を掛けたらいいのかなと思っていたら、冒頭に主人公が眼鏡を掛けたら3D眼鏡をかけてください、とテロップが出る。 おしゃれ過ぎるではないか! 美しい映像で過去の記憶をたどる前半の2Dの部分が1部、3Dになってからが2部というくらい映画がガラッと変わる。 後半の3D部分はワンカット(風)で描かれ心の闇深く主人公と旅をすることになる。ドルビーアトモスの立体音響とともに立体的に描かれる映像がより幻想的。 リフトに乗り、闇の奥底にある街に降りていくシーンはワクワクしてしまう。 夢か現実なのか考えることは意味がない。 ただ、目の前の映像を受け入れるのがいい。 郷愁誘う夜の街を彷徨う感覚が何と気持ちいいこと。 音の使い方も印象的。 水の滴り落ちる音、中島みゆきの「アザミ嬢のララバイ」、カラオケを歌う音、ゲーム機の音、ビリヤードの球をつく音、どの音も心地よく印象的。 最後、カメラが天地逆転するが、夢から現実に戻るという事なのか、 より、夢の奥底にはまり込むのか、 こうなれば、もう、身も心も委ねてどっぷりとはまり込んでいたくなる。 次世代を担う監督の登場に嬉しくなる。 2D版も上映しているが、追加料金払ってでも3D版を見るべき! 星は4.5です。

閲覧数960