2019年2月1日公開

フロントランナー

THE FRONT RUNNER

1132019年2月1日公開
フロントランナー
3.0

/ 352

10%
15%
44%
21%
9%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

1988年のアメリカは、大統領選挙に沸き立っていた。コロラド州から選出されたゲイリー・ハート(ヒュー・ジャックマン)は、最有力候補(フロントランナー)として人々の視線と期待を集める。そんな中、マイアミ・ヘラルド紙が彼に対する一つの疑惑を報じる。ジョン・F・ケネディの再来と親しまれ、当選は確実視されていたゲイリーだったが、その報道を機に一気に人気を失ってしまう。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(56件)

知的24.2%絶望的16.1%切ない14.5%悲しい8.1%かっこいい8.1%

  • NUG

    1.0

    何でも映画化すれば

    いいってものではない。 この映画を観て、我々は何を感じればいいというのであろうか。

  • Cakewalk

    2.0

    う〜ん…

    ヒュー・ジャックマンが出ていたから、なんとなく借りたけど、あんま面白くなかった。 マスコミのウザさはよく伝わってきたなあ…

  • oce********

    2.0

    私生活と政治観

    大統領選挙戦に乗り出したゲイリー・ハート議員。 若さを売りにして、候補者の中でフロントランナーになるが、女性との不倫スキャンダルが公けになる。 政治観と私生活は一緒の括りにすべきではないということを結論として言いたいのだろうが、底が浅い政治スキャンダルの一角に過ぎない。 これは1988年の出来事であり、現在に当て嵌めるとこれぐらいの圧力では終わらない。 つまりなぜ今この映画が製作されたのかだ。 今更感が拭えない中身に落ち着いている。 ヒュー・ジャックマンは誠実さを通しているが、不倫してのセリフではさすがに説得力が薄いし、ラストの決断も致し方なしか。

  • あき

    3.0

    政治家実話。

    またもや現存する人物のスキャンダルを映画化。日本じゃありえないね。ヒューさんが頭のキレる傲慢で野心的な大統領選有力候補を演じてます。政治家にプライベートはないのか?大事な選挙前にプライベート充実させてどうなる?メディアもやりすぎだけど、メディアをなめすぎ。だいたい愛妻家は浮気なんかしない。でもこの人が大統領になってたら今のアメリカはもっとよかったかも。

  • 柚子

    4.0

    愛読書、アンナ・カレーニナ? 納得

    身から出た錆というか、自業自得というか… マスコミは、確かにやり過ぎでマスゴミと化してはいたのだが、やることなすことゲイリー・ハートという男に、嫌悪感しか抱かなかった 男の本能剥き出し 下半身の欲求に弱い 他でどんなに立派な行いをしたって、こんな男尊女卑野郎は許されるべきではない 女をバカにしすぎ 舐めるな けど、こんなカッコ悪い役を引き受けたヒュー・ジャックマンがいいなぁ、と

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
フロントランナー

原題
THE FRONT RUNNER

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日