ここから本文です

上映中

トイ・ストーリー4 (2019)

TOY STORY 4

監督
ジョシュ・クーリー
  • みたいムービー 1,202
  • みたログ 7,309

3.29 / 評価:5,845件

本国で高評価、日本で低評価の理由

  • dee***** さん
  • 2019年7月15日 10時35分
  • 閲覧数 26688
  • 役立ち度 178
    • 総合評価
    • ★★★★★

これは価値観云々じゃなく、キャラクター達の性格が変わってしまっていたり、おもちゃの世界のルール(人前で動かない、喋らない)を平気で破らせてしまっていることが問題です。
これまでのシリーズをちゃんと観ている人なら、大なり小なり違和感を覚えたはず。
日本だけ突出して低評価になっているのなら、それは普段からアニメ映画を観まくっている日本人の目だけはごまかせなかったということではないでしょうか。
細かいことを気にしすぎていると言われそうですが、ラセターはそういう部分をものすっごく大事にしながら1〜3を製作したと思うんですよ。
だからこそ、3でアンディと別れる結末に納得できないという声はほとんどなかったわけで。
そういう細部にわたる配慮やキャラクター達に対する思い入れみたいなものが、本作では全く感じられませんでした。
まあ、生みの親以上にキャラクター達を愛せる人なんているはずないので、同じクオリティを求めるのは無理な話ですけど... それにしても扱い方が雑すぎて見ていられない。
あと肝心のストーリーも半端なく雑ですが、これについては皆さんが散々おっしゃっているので割愛。
誤解されたくないのでこれだけ言わせていただくと、ウッディの決断に怒っているわけじゃありません。
そこまでの持っていき方がド下手だったことに怒っています。
そもそもラセターがトイストーリーを生み出したきっかけは、日本のアニメ映画(ジブリ)だったそうです。
彼が今作を観て何を思うのかは分かりませんが、おそらく納得いかないんじゃないですかね。
いいじゃないですか、日本だけでもラセターの作ったトイストーリーとの違いに気づいてあげましょうよ。
アニメ大国、日本。
違いの分かる国、日本。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ