レビュー一覧に戻る
トイ・ストーリー4
2019年7月12日公開

トイ・ストーリー4

TOY STORY 4

1002019年7月12日公開

xxg********

1.0

ネタバレシリーズと考えると辛いストーリー

最初に断っておきます。 トイ・ストーリー大好きです。 何年も日替わりで1〜3を視聴して、セリフを暗記してしまったくらい好きです。 だから、また会えると知り、更にボーとの再会の物語と知った時は泣くほど嬉しかったです。 日本公開を待っておれず、海外で先に見て、最初に感じたことをそのまま書きます(映画自体好きですが、ここまでしたのはトイ・ストーリーが初めてです)。 まずシリーズ通して見てきて愛してきた人間が制作すれば、絶対にこのストーリーはアイデアさえも出ることがないな、と思いました。 まさかあんなに感動的だった3の見る目を変えられてしまう続編が出来てしまったなんてにわかに信じがたいです。 3ではボニーはおもちゃの世界に自分も参加するタイプのお芝居するのが好きな女の子でした。お芝居には沢山の配役や設定が必要で、そこには男の子向けとか女の子向けとかは無く、トリクシーなど女の子が欲しがらなさそうな恐竜のおもちゃとも上手に遊べる子でした。 全員が平等に愛される可能性を見出し、皆と一緒に楽しく暮らせるからこそ、ウッディは3のラストでボニーの家の住所を書いたはずです。 なのに4のボニーはウッディだけを除け者にし、忘れました。 「私のカウボーイだ」は何だったのか。 渡すのを躊躇したアンディが我慢してまで譲渡したのに。 制作スタッフが過去の描写や設定を忘れて作ってしまったか、ストーリーを通しで見ておらず部分的に携わった人が脚本を考えたとしか思えません。 おかげで、3のあの感動的だったシーンは「ウッディ、皆と一緒に屋根裏部屋に行こう!」と全力で止めたくなる悲劇のシーンに変わってしまいました。 新キャラたちは確かに魅力的ですし、とても楽しく面白かったです。 だけど、それよりも楽しみにしてたのはお馴染みメンバーの活躍です。 1〜3はおもちゃの目線ならではの手段を駆使してお馴染みキャラたちが協力する場面がお決まりでした。 スリンキー、ハム、ポテトヘッド夫妻、レックス、ジェシー、ブルズアイ、リトルグリーンメン‥‥。 ほとんど出てこないのが辛かったです。 ボイスボックスの件もそうです。 新しく出てきたギャビーに、ウッディが犠牲になるシナリオじゃなきゃダメだったのでしょうか。 フォーキーは0から作り出されたおもちゃだったから、ボイスボックスも色んなパーツを組み合わせて、ウッディから奪うのではなく0から作るシナリオじゃダメだったのでしょうか。 思い入れのないキャラにこれ以上犠牲になって欲しくないというのが初めに浮かんだ気持ちです。 何より、ウッディの最後の選択が、これまで見てきたトイ・ストーリーの、ウッディの、愛すべき核を真っ向から否定された気持ちになりました。 ウッディはおもちゃであり、子供を幸せにするために、皆を集結させてどんなトラブルに巻き込まれようと、最後には必ず持ち主のところに帰ってきました。 それは絶対的な安心感であり、おもちゃは人間を裏切らないという信頼の証でした。 だからこそ、おもちゃを大切にしよう、物にも命があるかもしれないという教訓的なメッセージを感じておりましたが、 忘れられたとはいえ、捨てられてもないのにボニーから勝手に居なくなる選択肢はウッディに対する安心感や信頼感を揺るがしてしまうものに感じました。 もし、またボニーが思い出す日がきたとき、探してもウッディは居ないんです。どんなに悲しむだろうか。 それに、アンディはきっとボニーが大事にしてくれるって信じてます。 里帰り等で帰ってきた時、近所だからボニーを見かけることもあるでしょう。その時のアンディの気持ちを考えると胸が張り裂けそうです。 もちろん、ボーと相思相愛になって欲しいとは願っておりましたが、持ち主から許可なく居なくなる形では望んでおりません。 思うにテーマを詰め込みすぎたのだと思います。 子供第一という使命に囚われたウッディ、自虐癖のあるフォーキー、孤独なギャビーギャビー、自立した女性のボーピープ。人間世界に通じるテーマを描きたかったのは伝わりますが、トイ・ストーリーはおもちゃの世界です。人間の尺度に当てはめる必要がどこにあるのでしょうか。 私はどんなことがあっても、子供と友達を裏切らないウッディが主人公だったから、このシリーズが好きでした。 ウッディは子供を悲しませる事だけはしないと信じていたんですが、裏切られました。 それに、どんな辛いことがあってもバズとはずっと共にいてくれると信じてました。2のエンディングでもそう約束してたじゃないですか。 ほんとに、心にぽっかりと穴が空いた気持ちです。 ここまで酷評しておいてなんですが、 4をシリーズ最新作としてではなく、単発と見た場合、爆笑できるし感動もする見事なエンターテイメント作品です。3には映像以外は下回りますが、3.7以上の出来だと思います。

閲覧数28,040