ここから本文です

マグダラのマリア (2018)

MARY MAGDALENE

監督
ガース・デイヴィス
  • みたいムービー 7
  • みたログ 55

2.92 / 評価:37件

重厚な宗教ドラマだが・・・

  • ked***** さん
  • 2020年10月23日 21時31分
  • 閲覧数 164
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

WOWOWを録画しての鑑賞。新約聖書に登場する聖女マリアを題材とした宗教ドラマ。重厚なタッチで描かれ淡々とストーリーがすすむ。見せ場であるキリストの磔や復活のシーンでも派手な演出はなく地味な作品だ。結婚を望まないマリアに対し父が悪霊に取り憑かれたと言って水に沈めるシーンは考えさせられた。当時のユダヤ人女性にとって父や夫による迫害の方が身近な問題だったのだろう。でもキリストを演じた役者が太めなのは興ざめ。磔のシーンでは腹が出ているのが気になった。不謹慎かもしれないがひょうきん懺悔室を思い出してしまった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ