レビュー一覧に戻る
映画 少年たち
2019年3月29日公開

映画 少年たち

1042019年3月29日公開

askyhac

1.0

ネタバレなにこれ

良かったのは最初のミュージカルシーンくらいです。 あとはSixTONESのジェシーは歌が上手いと思いました。ただその歌も滅茶苦茶なストーリーのせいで活かしきれていない。 演技に関しては必要のない登場人物が多く、ひとりひとりの演技力があるかないか解るほどの見せ場なんかもないので解らないレベルでした。Snow Manに至っては岩本照以外の役名すら解らないまま終わりました。 ストーリーは映画として成立していない。特に脱獄する理由がジェシーの母親の死に目に立ち会いたいのは解るけど、深澤辰哉の子どもの出産に立ち会いたいというのはどうなのか…。 出産に立ち会うより出所してその後ずっとそばに居てあげたほうが良いのでは? しかもその2人を優先的に逃がそうと言っていたにも関わらずジェシーがみんなを逃がして脱獄できたのは深澤辰哉だけ、そして子どもの出産には間に合わないという……。そんな雑なストーリーで意味もなく人が死んでも全く感動しないどころか鬱陶しい。 私はかなり前に一度だけSixTONESとSnow Manがやっていた舞台の少年たちを観たことがありますが、こんな酷い内容ではなかったはず。 記憶は曖昧ですが確かジェシーが外国人役で戦争に徴兵されることになり、それを逃れるために脱獄をするみたいな感じだったと思います。 曖昧ながらも感動的な舞台だったと記憶しているので期待しつつ映画を観たら、少年たちとは全く違う酷い内容で本当にガッカリしました。これだったら普通に舞台の映像化をしてほしかったです。こんなものが集大成でいいの?というか集大成ではないですね。全く別物ですから。 今までの舞台の歴史を全て踏みにじる駄作。ジャニーズに興味がない人はもちろSixTONES、SnowMan、関西ジャニーズJrが好きな人ですらこの映画は楽しめないでしょう。

閲覧数5,177