レビュー一覧に戻る
映画 少年たち
2019年3月29日公開

映画 少年たち

1042019年3月29日公開

him********

2.0

ジャニーズJr.の動くカタログと思えば納得

すがすがしいほどにジャニヲタのためだけの映画なので、おそらくファンには★5、全く興味のない人には★1なんだろうな、と思い、間をとって★3寄りの★2・・・かな(;^ω^)。 ストーリーはまぁベタ(笑)。 元が舞台の脚本なので、全体的にストーリーが大味でリアル感が無いのは、まぁ予想通りって感じで(;^ω^)。 ロケ地の雰囲気のおかげもあり、映像はキレイ。 デビュー前の”SixTones”や”SnowMan(人数が増える前)”や、”なにわ男子”などなどのフレッシュな面々をじっくり見られるだけでファンには100点なんだろうし、そのための映画としては役割をバッチリ果たしている。 ジャニヲタではあるものの、Jr.にはさほど興味がなかった私は、「へー、今こんな子がいるんだー。」と、カタログを見るような気持ちで観た。 歌唱力、ダンスの差はあまりわからなかったけれど、演技力には結構差がある。 セリフ少なくても、下手な子はやっぱり下手ってすぐわかる。もうちょっと頑張ってくれよーみたいな気持ちで観ちゃう(;^ω^)。 地上波ドラマによく出てる子たちは、やっぱり他の子にくらべるとフツーに演技が出来てる。バーターとはいえ、ちゃんと選ばれて出てるんだなーと、変な関心をした(;^ω^)。 それにしてもこのときまだJr.だった子たちの中から、無事デビュー出来たグループが出てきてなにより(*´ω`*)。 22歳定年制ができて、この映画に出てる子の中からも辞めちゃう子が続々出てくると思うけど、色々頑張ってほしいななんて、謎の感傷に浸ってしまった(^_^;)。

閲覧数2,770