ここから本文です

麻雀放浪記2020 (2019)

監督
白石和彌
  • みたいムービー 128
  • みたログ 487

2.41 / 評価:434件

初めから嫌な予感しかしません

  • spi***** さん
  • 2019年8月26日 2時00分
  • 閲覧数 289
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

初めから嫌な予感というのはシーン序盤の脚本と演出のことです。
物語序盤、主人公のテツが2020年に転送されてからの昭和45年と比べて変化した街並みや車や人に対するリアクションにリアリティが無さすぎるよ!!近くに首都高だって見えてるのに何故あんなに速いスピードで走る車を見てなんとも思わないのかよ!序盤の昔と今のギャップに対する掴みが甘すぎるから、後からテツの電動麻雀卓に対するリアクションとかされてもわざとらしいとしか思えなくなってしまう。当たり前だけど観客は作り物として観てるんだからリアリティがないと笑いや感動なんて起きないと思うよ。本当、序盤からダメだよ…。
あとなぜ転送されるシーンをこんなにも最初に持ってきたのか、そしてなぜあんな都内の道路に転送したのかが全く意味不明。まだ地下鉄や建設現場や神社など、もうちょっとでも現代の情報から隔離されている場所からスタートするべきだったと思う。普通あそこで起きたらパニックだよ。笑わせようとやっているネタも全て幼稚だし、、なんかもう何も言いたくないや。
久しぶりに時間が勿体無いと思って途中で観るのをやめてしまった作品です。
白石監督の「凶悪」が好きだっただけに本当にガッカリしてしまいました…。
マジで、何がやりたかったんだよ…… 。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ