ここから本文です

麻雀放浪記2020 (2019)

監督
白石和彌
  • みたいムービー 120
  • みたログ 667

2.34 / 評価:572件

奨める人を見かけたら…。

  • cine lada さん
  • 2021年10月10日 21時37分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

一連の騒動を受け、野次馬的に観てきたわけではないのです。仕事終わりのレイトショーで観たのは「麻雀放浪記2020」。ピエール瀧は、いや、電気グルーヴは相当好きですが、「作品に罪はない」との英断のもと瀧被告の登場シーンをノーカットで公開した作品にエールを!とか、そういうウェットなチョイスじゃないんです。単に白石和彌監督作品のファンなんです。


前作「止められるか、俺たちを」の舞台挨拶で、パンフレットにサインをもらい、握手とともに「次も期待してます!」と声がけ。「次は本当にバカでくだらないヤツですから」と自信満々にこたえてくれた白石監督。そりゃ楽しみにしますよね。


で、感想。本当にバカでくだらないヤツでした(笑)。社会を痛快にえぐるような切り口が得意だと思っていたのですが、とことんクレイジー。正直、この感覚についていけない人のほうが多いと思うので、人に奨めるのは憚ります。奨める人を見かけたら、騙されていると思ったほうがいいでしょう。


でも、個人的には大好きな作品。パンフレットに「いまこの国に欠けている映画を撮って、盛大に燃え尽きてやろうと思いました」という白石監督の言葉が載っています。瀧の件で悪目立ちした感は否めませんが、結果的にエンタメ業界の過剰な反応に一石を投じた本作。極めてパンクです。瀧被告のシーンをカットしたら、この作品に課された使命の80%は死んでしまうでしょう。ノーカットに納得。やりやがったぜ。

それにしても、薬物、逮捕、ワイドショー、謝罪会見、そして髪型。アレって壮大なプロモーション?と勘違いしてしまうこと間違いなしの怒涛の展開。音楽はagraphこと牛尾憲輔。電気ファンは、観て白石監督と東映さんに感謝の意を伝えましょう(奨める人を見かけたら…)。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • スペクタクル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ