レビュー一覧に戻る
希望の灯り
2019年4月5日公開

希望の灯り

IN DEN GANGEN/IN THE AISLES

1252019年4月5日公開

bak********

1.0

ネタバレ更生の映画

静かで暗い映画が好きかどうか、表情だけの演技が多い映画が好きかどうかによって評価が分かれると思います。 ヤンキーだった主人公が、ドイツ統一後の旧東ドイツ地域にできたスーパーを舞台に、DVを受けているバックグラウンドを持つ女性への恋や、なぜか超温かみのある職場の上司のもとで更生していく、特定のバックグラウンドを持つ者を題材にした話なので、感情移入できる視聴者にとっては高評価の可能性がありますが、そうでないと辛気臭いという印象になります。 きちんと更生できたのはいいですが、それは上司の自死を経てのことで、希望の灯りの対極のエピソードに思います。 嘔吐や売り物の瓶を割ったところは個人的には生理的に嫌でした。 自分にとってはノーマルスピードで通しで見続けるにはあまりにも静かな映画だったったので少ない星になりました。

閲覧数1,017