2019年3月1日公開

九月の恋と出会うまで

1062019年3月1日公開
九月の恋と出会うまで
3.4

/ 922

20%
28%
32%
11%
9%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

一風変わったマンションに引っ越してきた北村志織(川口春奈)の隣の部屋では、不思議な雰囲気を醸す小説家志望の平野進(高橋一生)が暮らしていた。ある夜、志織は部屋の壁から「1年後の未来にいる」という男の声を聞き、声の主に平野の尾行を頼まれる。しかし、ある事件をきっかけに聞こえなくなり、あの声は何だったのか解明しようとする志織と進だったが......。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(174件)

ファンタジー18.0%ロマンチック15.3%かわいい13.3%切ない11.2%不思議10.4%

  • avk********

    3.0

    ライトで観やすいです

    物件探し中なので、こんな部屋に住みたいと思って観始めました。そして部屋だけ観たらやめるつもりが全部観てしまいました。コテージのようなアパートはおしゃれで、中庭も素敵です。主人公もおしゃれで可愛くて、映像も綺麗なのでサラッと観たい時はいいかもしれません。 高橋一生さんは本当にたくさんの作品に出演されているのに見飽きることがないです。きちんと役作りされてるのでしょうね。端役の時から独特の声が好きです。「耳をすませば」の時は全くわかりませんでしたけど。

  • ilq********

    4.0

    時空を越えるラブストーリー

    前半はふんわりと可愛らしい味付け。 川口春奈演ずる北村さんが住むアパートもノスタルジック感もありつつ小洒落ているし衣装もオシャレ。 不思議現象を受け入れ、甘くかわいいまま進むのでちょっと退屈しそうだったが、後半になってくると穏やかではない不穏な少々ミステリー要素も入り、惹きつけられた。 映像演出?としてある部分までセピアっぽい暖色系なのでそこもファンタジー満載。(途中から逆に淡いブルー基調になる) タイムパラドックスという身近には起きないテーマを、芸達者、高橋一生が絵空事ではない、リアルな平野さんを演じていた。 よーく考えると辻褄のあわないシーン、あり得ない展開もあるが素直にラストに感動したし鑑賞後は素直におもしろかった!と思えた。 (ヒロイン、暴風でヘアスタイルめちゃくちゃに乱れてるのもリアルで良い)

  • ムービークリニック

    3.0

    ほし みっつ

    とてもソフトな恋愛模様。ファンタジー好きならカップルで観るには良い雰囲気になれそう。そんな雰囲気です。 主演の川口春奈の目が好き。とても可愛い。 タイムトラベルやタイムパラドックスの映画好きには目が止まる作品だったのでチョイス。2000年アメリカ映画『オーロラの彼方へ』とか『フィールドオブドリームス』など思い出させます。 劇中にも主人公が、おそらくですが『バタフライ・エフェクト』のことを話すシーンがあります。原作者も好きなジャンルなのでしょう。 物語は、引っ越してきた女性が部屋で1年後の人物に話しかけられる。声だけが聞こえて向かいの部屋の人物を夜も尾行せよとお願いされる。 それはとある事件から彼女を助けるためであった。実際に向かいの人物と接触することになり成り行きを説明、解明に奔走する。恋の予感と主人公の身の危機が迫る。 今作のよかったところは、過去の人物を救うために未来の人物が助け船を出すことによる時空の歪みをちゃんと説明するところです。 タイムパラドックスで人物が消滅してしまう(主人公が)。 パラレルワールドで別次元の世界が出来上がる。 救った行動はループしてしまうから事件はまた起こる。 ループというのは初体験でした。また事件は起こるのだ。 結論としては、始まったループを止めるということでいいのかな。劇中の説明はよかったのだが、なにせタイムトラベル系は解釈がややこしい。 矛盾点を克服するというふたりの行動ではあるが、観ていくうちに矛盾点って何?とか日々は流れという展開にて切迫感がほぼないのでただ結末を待つという雰囲気でしかなくワクワクがなかった。 声の主は予想できていたので、それに気づくどんでん返し的な要素を期待してしまっていたので少し拍子抜け。 ただこの作品のメインは恋愛。アクション的なものを要求してはいけない。 メルヘンなアパート。ほんわかな住人たち。可愛い同僚や清々しい職場。小説や芸術的なものを目指す恋人。 そしてラストの抱擁。 大団円なファンタジー恋愛なのだ。

  • 柚子

    2.0

    …️

    この手のファンタジーは、韓国に作らせると抜群に上手いんじゃないかなぁ… 突っ込みところ満載で、作品に入り込めない ヒロインの女優さんの棒読み加減も加わって、もはや物語はどうでもよくなってくる 日本の若手女優さんで上手いなぁと思える人が少なすぎ

  • cyborg_she_loves

    3.0

    ネタバレ演技も演出もこんなにいいのにストーリーが

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
九月の恋と出会うまで

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日