2019年3月22日公開

ソローキンの見た桜

- 2019年3月22日公開
ソローキンの見た桜
2.9

/ 161

25%
17%
19%
7%
32%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

日露戦争時代、ゆい(阿部純子)は負傷した捕虜のロシア人将校ソローキン(ロデオン・ガリュチェンコ)の看護をすることになる。愛媛県松山市に建てられた捕虜収容所では条約に従って、ロシア兵捕虜たちには比較的自由が与えられていた。ゆいの弟は戦争で命を落としたため彼女はソローキンを憎んでいたが、やがて心惹(ひ)かれるようになる。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(47件)

切ない24.1%泣ける20.7%ロマンチック16.1%悲しい12.6%絶望的9.2%

  • soomset512

    1.0

    ネタバレステマ多すぎ…自重せよ……

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • wan********

    3.0

    観ました

    評価があまりにも低かったので観ようか迷いましたが観ました。 そこまでひどい映画だとは思えませんでした。3,5点はいくかな?と思いました。

  • gan********

    1.0

    なんで★5つなのかが分からない!

    松山が好きで、坊っちゃん劇場ミュージカル「誓いのコイン」が素敵で、同じストーリーだと言うんで見たら、ま、ひどいのなんのって、冒頭のドキュメンタリーもどきから嫌な予感はしたのだが、ものの見事に現実になった。 とにかく「絵」が汚い! ヒロインも華ないし、恋人のロシア人が汚い。 ロシア人捕虜達のウソくさい疲労感もそうだが、何故目の前で日本兵とロシア人が喧嘩してるのに、後ろの松山人は平気で旗振りっぱなしなの? それでも、まぁ、松山の景色だけ見れりゃいいなって早回し2にしたが、3になり、とうとう4でうんざりした。 松山の人に失礼だ、この映画! 本当は★ゼロだが、松山城に敬意を評して!

  • vfm********

    5.0

    低評価付けた人が信じられない

    近代史には詳しくないが、 この様なことがあったんだど教えてくれた。 主役の女性は良い役者さん。 彼女の今後の作品に期待します。

  • y_e********

    4.0

    美しき心

    ひとこと美しい映画でした。 憎しみながらも惹かれ、愛する人のために身をひく勇気。旧き良き日本人女性の強さが出ていたと思います。 女優さんの目の演技が印象的でした。 そしてイッセーさんの眉毛の演技も素敵でした。 映像も光の使い方・雨の効果・桜の霞みを感じられキレイでしたし、繋ぎも素直に受け入れられる編集でした。 なぜこんなに評価が悪いのかわかりません(汗) 見たかった作品ようやく見れて満足でした!

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


阿部純子高宮桜子/武田ゆい
山本陽子高宮菊枝
六平直政武田勇吉
海老瀬はな竹場ナカ
戒田節子武田タケ
杉作J太郎TVカメラマン
斎藤工倉田史郎
イッセー尾形河野所長

基本情報


タイトル
ソローキンの見た桜

上映時間
-

製作国
日本

製作年度

公開日