ここから本文です

ウトヤ島、7月22日 (2018)

UTOYA 22. JULI/UTOYA: JULY 22

監督
エリック・ポッペ
  • みたいムービー 112
  • みたログ 460

2.92 / 評価:356件

実際にあった事件

  • kib******** さん
  • 2019年11月25日 18時46分
  • 閲覧数 1030
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

実際にあった事件を元にしてるだけあって怖いです。ただこの映画自体が全て真実のドキュメンタリーではなく、証言なども取り入れて脚色されてるようです。
銃を持った極右の狂人で確信犯が、島へ遊びに来た党の関係者っぽい無防備な若者を無差別に72分間撃ちまくります。
残念なことに被害者は誰一人銃を持っておらずまた隔離された島である為携帯も繋がりにくく警察も初動が遅れたりして被害が甚大となってしまいました。
ノルウェーでは狩猟や射撃のために銃を所持することは認められており日本でもありえないことではないと感じました。
銃は死んでも離さない!と叫んでいた全米ライフル協会会長は正しかったのだなと思ってしまうような一方的な虐殺です。
音楽も一切なくどうやって撮影したんだろうかと思うほど宣伝通りワンカットで最初から最後まで主人公視点で描かれています。
ただし遠くで聞こえる銃声と悲鳴がメインで基本は隠れてヒソヒソ話してる状況が長く続くので映画としては長いと感じるかもしれません。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • パニック
  • 恐怖
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ