ここから本文です

ウトヤ島、7月22日 (2018)

UTOYA 22. JULI/UTOYA: JULY 22

監督
エリック・ポッペ
  • みたいムービー 111
  • みたログ 460

2.92 / 評価:356件

映画としてはない

  • nad******** さん
  • 2020年8月23日 22時16分
  • 閲覧数 700
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

ただひたすら悲鳴が上がって逃げ惑う描写が続くだけ
犯人は出てこないし、被害者が直接撃たれる描写もなし
登場人物全員の頭が悪すぎて終始イライラさせられる映画
発砲が始まってから誰も何が起きているかの状況説明もしない
奥に行け!! ドアを閉めろと怒鳴り散らすだけ
犯人に見つからないために静かにしろ声を出すなと言ってるのに
延々怪我を愚痴り続ける女に訓練だと思い込みたい現実逃避男
殺人鬼が銃を撃ちまくって全員がパニック状態のときにひたすら
私の妹知らない?とひたすら聞き続ける女と不快要素しかない
全編通していい歳こいた女が妹が見つからないとヒス起こして
泣き叫んでるのを見せられるだけ、見る価値の一切ない映画

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ