ここから本文です

ウトヤ島、7月22日 (2018)

UTOYA 22. JULI/UTOYA: JULY 22

監督
エリック・ポッペ
  • みたいムービー 112
  • みたログ 460

2.92 / 評価:356件

違ったアプローチの方が良かったのでは

  • NANA さん
  • 2021年5月10日 0時36分
  • 閲覧数 228
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

こんなすごい事件があったなんて恥ずかしながら知りませんでした。
悲惨な事件なので、軽々しく述べることはできないと思いますが…。
前半から中盤までは、ハラハラドキドキ集中して観れました。ただ海沿いに避難したあたりから、飽きてきて退屈に感じてしまいました。
ワンカットで被害者の恐怖のみに絞った演出も分からなくはないのですが、やはり、犯人側の描写があった方が、よりインパクトのある映画になったのではないかと思います。
調べてみたら、犯人は警察官に成りすまし、若者たちを一旦集めてから襲撃に及んだとのこと。衝撃的な事件です。
映画の評価としては、前半の入りは★4つながら後半の退屈さからラストにかけては★2つ。平均して★3つにさせて頂きます。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ