ここから本文です

ウトヤ島、7月22日 (2018)

UTOYA 22. JULI/UTOYA: JULY 22

監督
エリック・ポッペ
  • みたいムービー 112
  • みたログ 460

2.92 / 評価:356件

リアル逃走中

  • ねじまき鳥 さん
  • 2021年5月18日 0時05分
  • 閲覧数 162
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

こんなに酷い事件があったとは知らず、随分前に予告で見て、気になっていた作品。
ワンカットの長回しによる緊迫感が予告編で見た時はすごい臨場感だったのですが。

改めて作品を見ると、そうでもなく。
いや、当たり前なのです。
無差別テロとはいえ、ある程度の規模の出来事だから四六時中追い回されるわけではない。

どこで何が起こっているかも分からない中で、無我夢中に妹を探す姉の姿。
時に犯人と近く、時に遠く、銃声と、逃げ回る他の人々から恐怖を感じる状況は本人と全く同じ。
それでも、絶対に襲われない安全な場所からこの作品を見る側は、時にその行動がわからない。無駄だ、危険だ、この状況で妹を探し出して、それが2人の安全になるのか、傍観者としてみれば冷静な判断でいくつものハテナがつく。
何より臨場感と本人の追体験を目的に作られたこの作品で間延び感を感じてしまうなんて、それは想像力の欠如以外何者でもない。

でも、それが事実。
リアルがリアルとは限らない。
安全な場所で見る人間に現場の感情を伝えるには、それなりの演出がいるんだ、と考えさせられた作品。

ただ、こういう努力で埋もれてしまうかもしれない悲劇がちゃんと伝わる映画の力は素晴らしい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ