2019年3月23日公開

こどもしょくどう

932019年3月23日公開
こどもしょくどう
3.8

/ 168

32%
34%
21%
7%
7%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

食堂を営む父(吉岡秀隆)、母(常盤貴子)、妹(田中千空)と暮らしている、小学5年生の高野ユウト(藤本哉汰)。ユウトの幼なじみであるタカシ(浅川蓮)は、一緒に暮らす母がほとんど家におらず、学校でもいじめを受けていた。タカシを案じるユウトの両親は、彼を食堂に招いては夕食を振る舞っていた。ある日、ユウトとタカシは父親(降谷建志)と車で生活を送るミチル(鈴木梨央)とヒカル(古川凛)の姉妹と知り合う。ユウトは食堂に姉妹を連れていくが、その数日後に二人の父親の行方がわからなくなってしまう。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(25件)

切ない24.5%悲しい18.9%泣ける17.0%かわいい11.3%絶望的7.5%

  • hyo********

    5.0

    子役の女の子の演技よかった

    上手いなあと感心

  • さーたん

    1.0

    ブームに乗っただけのトンデモ悪徳映画

    近年の貧困問題から話題になることの多いいわゆる「子ども食堂」を題材にしているが、実際の子ども食堂とは、発想も志も似ても似つかぬかなりいい加減な設定です。 さらに、いじめシーンや器物破損シーンを執拗にまで繰り返し、垂れ流すあたりは、悪趣味でもあります。そもそもこれらは犯罪であるので、放置されていてはいけないのに、、、。 そして、虹の国なんていうファンタジックなものを中途半端に取り入れるあたりは、かなりリアリティに欠ける設定であまりにも浅はかです。 多くの子役さんが出てくる映画だけに、きちんとた考証のもと、世の中に伝えるべき事実やテーマをじっくりと熟考して制作されるべきだと思います。

  • smi********

    5.0

    地味だけど優しさ溢れた素晴らしい映画

    素晴らしかった。いつの時代にも辛い子はいる。親が駄目なら周りが支えてあげないと救われないが、養子に迎える訳にはいかないし。様々な事情がある中で何が出来るのか。例え全てが出来なくても、優しい気持ちがどんなに支えになるかをかいた、深い映画。と言うか、この素晴らしさは辛い思いを経験した人にか理解できないかも。 子育てしながら様々なお子さんに関わっていく中で、優しさを向けられたらなと切に思います。 それがが逆にその辛さを生かせる人になるか、悪い大人になるかの瀬戸際って事は安易に想像がつく。 私達に問いかける映画でした。

  • たーちゃん

    4.0

    ネタバレ虹の雲

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • SORROW9696

    2.0

    ネタバレ子供食堂利用者への配慮が欠けてる

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


藤本哉汰高野ユウト
鈴木梨央木下ミチル
浅川蓮大山タカシ
古川凛木下ヒカル
田中千空高野ミサ
降谷建志木下次郎
石田ひかり木下朋美
常盤貴子高野佳子
吉岡秀隆高野作郎

基本情報


タイトル
こどもしょくどう

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル