レビュー一覧に戻る
こどもしょくどう
2019年3月23日公開

こどもしょくどう

932019年3月23日公開

fg9********

4.0

ネタバレ『小学生以下は無料』

…在宅勤務で映画三昧の日々を過ごし、レビューが一杯溜まってしまったので、ザックリと書くことにする。  …あらすじは、横着をして、解説の次のとおりだけでイイだろう。  『食堂を営む父(吉岡秀隆)、母(常盤貴子)、妹(田中千空)と暮らしている、小学5年生の高野ユウト(藤本哉汰)。  ユウトの幼なじみであるタカシ(浅川蓮)は、一緒に暮らす母がほとんど家におらず、学校でもいじめを受けていた。  タカシを案じるユウトの両親は、彼を食堂に招いては夕食を振る舞っていた。  ある日、ユウトとタカシは父親(降谷建志)と車で生活を送るミチル(鈴木梨央)とヒカル(古川凛)の姉妹と知り合う。  ユウトは食堂に姉妹を連れていくが、その数日後に二人の父親の行方がわからなくなってしまう。』  ユウトの両親の吉岡秀隆と常盤貴子は脇役に回り、ユウトの視点で物語は展開する。  ユウトの幼馴染みのタカシは、図体はデッカイが無口で引っ込み思案で、仲間からはいつもからかいの対象になっているが、ユウトはそんなタカシに対してもっと覇気を持って応戦しろとは言うものの、タカシをからかう連中に歯向かうまでの勇気はないのだった。  でも、2人は仲良しで、タカシの母親が彼をほったらかしにしているので、食堂を営んでいる自宅に招いて、両親も公認の上食事を振舞っているのだった。  そんなある日、河原で車上生活をしているミチルとヒカルを見掛け、いつもひもじそうにしているので、こっそりと食べ物を分けてあげていたが、父親が出奔してしまったので、自宅に呼んで食べ物を与え、幾日か泊まらせることになるのだった。  善意の象徴のようなユウトからすれば、至極当たり前の成り行きだったが、社会はそんな子供の無垢な気持ちだけで動いている訳ではなかった。  当然、親に見捨てられたミチルとヒカルの処遇の問題に発展するのは必然だった。  人のイイ吉岡秀隆がやむに已まれずある決断をするのだが、父親の複雑な思いには理解の及ばないユウトは激怒して父ちゃんを罵るのだった。  「いつも見てるだけで、何もしてくれないじゃないか!弁当を作るだけなんて、誰にでもできる!!」  ユウトのド・ストレートの悪罵に何も言い返せない父ちゃんは哀れだったな。  結末も、決して美談に終わる筈もなく、児童相談所が介入して、ミチルとヒカルは児童養護施設に送られることになるのだろう。  ユウトとミチル・ヒカルのその後は描かれてはいないが、行政が介入すればもう一般市民の及ぶところは何もないのだろう。  もどかしさと遣る瀬無さで身をよじりたくなる内容だったが、ラスト、食堂の入り口の壁の張り紙には胸の奥が熱いもので満たされた。  『小学生以下は無料』  ユウトの小さな善意は、決して無駄ではなかったのだ。  非常に考えさせる見応えのある作品で、3.8点といったところかな。  日本全国の『こどもしょくどう』、コロナに挫けるな!負けるなよ!!  (メモ 総レビュー数:3665件、2020年度108作品目)

閲覧数1,347