レビュー一覧に戻る
こどもしょくどう
2019年3月23日公開

こどもしょくどう

932019年3月23日公開

たーちゃん

4.0

ネタバレ虹の雲

何と言っても子役の芝居に泣かされます。 何かの事情で離婚したのでしょう。母親(石田ひかり)と別れ、父親(降谷隆志)に育てられている姉の木下ミチル(鈴木梨央)と妹の木下ヒカル(古川凛)。育てられてるというより、自分たちで生きてます。この父親からほとんど食事は与えられず、品物を万引きして食事を手に入れています。家はなく、父親の運転する車に寝泊まりしているので、風呂にも入れず公園の水道で頭を洗ったりしています。服もずっと着たきりで、体臭がします。 そんな姉妹を見かけて、何とか食事を取らせて助けようとする少年 高野ユウト(藤本哉汰)とユウトの父 高野作郎(吉岡秀隆)と母 高野佳子(常盤貴子)です。高野夫婦は食堂を経営していて、それまでもユウトの友達のタカシの食事も面倒みていました。タカシは母親に育てられているのですが、ホステスをしていて食事の用意がない事から食事をさせていました。 このミチルとヒカルがかわいそうでかわいそうで、たまりません。 橋からヒカルがテディベアを落としてしまった時に、ミチルが「死んじゃおうか」と言ったあとにヒカルが「嫌だ嫌だ」と泣きます。こちらまで泣けてきます。 今回のミチル役の鈴木梨央ちゃんはほとんどセリフはありません。でも寂しそうな目とか、目でセリフを言ってました。 ですが、この夫婦に何があったのでしょう。特にこの父親はどう思っているのでしょう。あるシーンで止まっている車を不良高校生たちがボコボコにしている場を見た時に遠目からその様子を見て何もしないのです。姉妹もそれが怖くて遠目で見ているのも確認しているのにです。信じられません。そしてそれ以降戻る事もせず、姉妹は父親が帰ってくる事だけを信じて車にいるのです。泣けてきます。 前半はタカシのイジメの事やタカシの家庭の事などの事が中心に描かれていましたが、もっとミチルとヒカル姉妹の事を描いた方が良かったのではと思います。 父親母親に降谷隆志、石田ひかりというキャスティングを考えても、もったいなかったと思います。 ですが結局は両親は見つからず児童施設に連れていかれてしまいます。 二人を乗せた車をユウトが走って追いかけますが、彼女らがそこで見ていたのはユウトではなく、母親とみた虹の雲だったのは、ユウトがかわいそうです。 常盤貴子さんも吉岡秀隆さんもこういう役をやるようになったんですね。時代の流れを感じます。

閲覧数1,346