ここから本文です

ビール・ストリートの恋人たち (2018)

IF BEALE STREET COULD TALK

監督
バリー・ジェンキンズ
  • みたいムービー 184
  • みたログ 479

3.37 / 評価:333件

差別と貧困と権力は愛を叩き潰す

  • bat***** さん
  • 2020年11月24日 23時27分
  • 閲覧数 171
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

黒人が受ける不当な扱いが粛々と描かれていた。
どこまでも卑劣で差別的な制度、処置が絶対的意味を持ち、彼ら達はそれをかわす術や権利を持ち合わせていない。
一瞬で彼らの人生は、暖かい部屋から冷たい鉄格子の中での暮らしに様変わりし、恋人にも家族にも会えなくなってしまうのである。

この映画は淡々とその現実を伝えていて、更には映画特有の最後の奇跡の展開すらも起きることはなかった。
最後まで報われないから、気持ちが重いです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • ロマンチック
  • パニック
  • 勇敢
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ