ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

旅のおわり世界のはじまり (2019)

監督
黒沢清
  • みたいムービー 99
  • みたログ 264

3.03 / 評価:209件

人生でもワーストレベルの映画

  • mar***** さん
  • 2019年8月19日 9時09分
  • 閲覧数 943
  • 役立ち度 8
    • 総合評価
    • ★★★★★

「思ってたのと違った」という理由で映画を酷評するのは好きではありません。

思ってたのと違うからといって作品のクオリティは変わらないからです。

この作品は前情報もほとんど無く、劇場のポスターだけを頼りに鑑賞しました。

ポスターと題名から、「女性が旅を通して心の成長をする物語」と想像しましたが、実際には「女性タレントがロケ先で無責任で意味不明な行動をしてロクに成長もしない物語」でした。


これだけでお分かりの通り、もはや想像と違ったとかはどうでもよくて、とにかく根本的にヒドイ映画でした。


1番くだらなかったのは、ウズベキスタンという国を紹介するリポートを撮影しているはずの主人公たちが、現地人の飼ってるヤギを開放しようとか言い出した時。その土地には人間と動物の古くから続く関わり方があるのだろうし、その営みをありのまま映すのがリポートであって、お前のクソみたいな正義感を撮りに来てるんじゃねえだろ、なんのイメージビデオだよ。そもそも畜産も工業化されてる現代で、家畜の尊厳がどんどん失われている中、あのウズベキスタンのヤギだけを特別可愛そうに思う神経がおかしい。ブロイラーの育て方とか知らないのかな。



あと、ただでさえ主人公の役柄に好感を持てないのに、それにしては演者の前田敦子は演技も歌もビジュアルも中途半端。なんというか、許容できる部分がない。


136個ぐらいツッコミどころがある映画で、
途中から「早く終わらないかな」と思ってました。

他のレビューで星5つけて、ヤギのことを羊って書いてる人いますけど何を見てたんでしょうね。

前田敦子を好きな人とツッコミの練習をしたい人だけは観れば良いです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ