ここから本文です

バイス (2018)

VICE

監督
アダム・マッケイ
  • みたいムービー 547
  • みたログ 1,533

3.47 / 評価:1173件

ブラックな悪意と皮肉が光る痛快風刺ドラマ

  • ポルティ さん
  • 2020年7月25日 1時02分
  • 閲覧数 308
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

これまた強烈なブラックユーモアが光る政治風刺ドラマの秀作である。
なにせ登場する政治家はチェイニーをはじめ、ブッシュ「ドラ息子」大統領、ラムズフェルド、パウエルなどほんの20年前に表舞台で活躍していた米国政府の大物ばかり。まだ生存さえしている彼らを大いなる悪意と皮肉を込めて国家のヒールとして描いているが、よくぞこれで本人達の了承を得られたなあと思ったら、なんと了承は得ていないそうだ。こりゃますます痛快ではないか!

とにかく本人に瓜二つのクリスチャン・ベールが凄すぎる。役作りのためかつて「マシニスト」では▲30キロ減量した彼だが、役に成り切るべく今回体重を20キロ増量させたという熱の入れよう。この度を超えたカメレオンぶりには本人ですら「いつか身体を悪くするかもしれない」と語っているそうだが、そのプロ根性にはほとほと感服だ。
同様にブッシュ大統領役のサム・ロックウェルも本人ソックリの成りきりようで、歴代でもっとも無能と言われた元大統領を思い切り笑い者に仕立て上げていてこれまた最高だ。

クオリティ的には十分に作品賞、主演男優賞のレベルにあると思うのに、結果的にアカデミー特殊メイクアップ賞しか取れなかったのは、さては裏で「何かの力」でも働いたか?
まあ、テーマ的に万人向けではないところが最大の弱点とは言えるが、間違いなく秀作だ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ