ここから本文です

運び屋 (2018)

THE MULE

監督
クリント・イーストウッド
  • みたいムービー 954
  • みたログ 3,568

4.03 / 評価:2,837件

オチがスッキリしない

  • joz***** さん
  • 2019年10月12日 22時23分
  • 閲覧数 891
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

原題は【Mule】で、ラバの意味です。

クリント・イーストウッド88歳の時の作品です。(現在89歳)

化け物ですな。(^o^;)

前作【The 15:17 to Paris】では、クリント老いたりと書きましたが、今度は自分の老いを利用して主演を張っています。

この人は、ボケることを知らないのか?(@_@)

映画作りは流石に手練れたもので、観客を引き込む手腕は衰えていません。

引退した男の意地を家族を絡めて描いていますが、【目撃】【グラン・トリノ】【人生の特等席】と同じ線上にある作品です。

辛口の評価をすれば、「またか」という印象は否めません。

最大の欠点は、オチがスッキリしないこと。

ブラッドリー・クーパー演じる麻薬捜査官が、密売組織を叩き潰すと意気込んでいたのに、90才能の老人一人逮捕しただけで終わり。

実話を元にしたストーリーらしいのですが、実話に拘り過ぎたかな?

観客としては、気分的にスッキリしない。

しかし、頑張っているクリント・イーストウッドを見ているだけで、観客は満足させられます。

彼の描く「(アメリカが理想とする)男の美学」が、全くぶれないのを見ても安心します。

【ミスティック・リバー】のように、社会に立ち向かうようなエネルギーは完全に姿を消してしまいました。

まあ、それが年相応ってことでしょう。(^ω^)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ