ここから本文です

運び屋 (2018)

THE MULE

監督
クリント・イーストウッド
  • みたいムービー 966
  • みたログ 4,425

4.01 / 評価:3485件

老人による、老人の、老人の為の映画

  • tal***** さん
  • 2020年10月8日 16時49分
  • 閲覧数 2095
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

クリント・イーストウッドがものすごいお爺さんでビックリした。
そしてそのお爺さんが麻薬の運び屋をやる話って。



ラスト、麻薬組織が一網打尽にされてお爺さんだけうまく逃げるのかと思っていたら、普通に逮捕されて裁判にかけられた。
そして黙っていれば無罪になったかも知れないのに自分から有罪を認めたのにビックリ。
それって、せっかく家族と仲直りしたのに死ぬまで刑務所で暮らすって事じゃないか。

でも刑務所でデイリリーを育てたりして、結局楽しそうなのであった。


いいなあ、こういう老人。
若い人が見てもピンと来ないかも知れないが、初老の私から見ると、こんなにのほほんと楽しそうな老人になれたらいいなと思う。
歳を取ってから過ちを認めて謝るって、なかなかできる事ではない。
誰にでもフレンドリーに話しかけ、悪気はないのだが黒人に差別用語を使ってしまい、たしなめられると素直に言い直すあたりも、凝り固まってなくていいなと思う。
90歳にもなると、変なプライドはなくなって、あんなふうに天真爛漫になれるんだろうか?
だといいなあ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ