ここから本文です

ドント・ウォーリー (2018)

DON'T WORRY, HE WON'T GET FAR ON FOOT

監督
ガス・ヴァン・サント
  • みたいムービー 142
  • みたログ 290

3.49 / 評価:196件

麻痺を契機に一念発起。

  • Kainage_Mondo さん
  • 2019年5月5日 18時59分
  • 閲覧数 637
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

母親に捨てられた孤児であり、養父母ともうまく折り合いがつけられず、13歳 で ジン の味を覚えて以来 アルコール依存 へまっしぐら。アルコールが切れると離脱症状に苦しむ人生を送っていた ジョン・キャラハン ( ホアキン・フェニックス 以下敬称略 ) が、如何にして著名な風刺漫画家になったのか~ という感動作だ。

交通事故に遭い、C5 - C6 レベルの脊髄損傷のせいで、腕はわずかに曲げられても それ以上の細かい作業は無理であり、それより下の体は永久かつ完全に麻痺したまま。そんな絶望的な状況が丁寧に描かれ、そこからどうやって ? と物語の展開に膝を乗り出すことになる。

脊損を負って以降も飲酒をつづけていた ジョン ( フェニックス ) が、ある不思議な体験をして酒を断つ決心をするのだが、AA に参加して以降は 主催者 ドニ― ( ジョナ・ヒル ) の対応が良かったのか、いとも簡単に断酒を達成してしまうのだね~ これには驚いた。車椅子で暴走する癖はともかく、ボランティアのスカンジナビア航空の美人 CA アヌー ( ルーニー・マーラ ) には惚れられてしまうし、もともとあった絵心を風刺漫画として結実させてしまうし、努力を積み重ねて苦心惨憺の挙句~ という感動話としての値打ちが、とんとん拍子の展開のせいで 少し薄れてしまったような気がした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 知的
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ