ここから本文です

マイ・ブックショップ (2018)

THE BOOKSHOP

監督
イザベル・コイシェ
  • みたいムービー 206
  • みたログ 393

3.59 / 評価:288件

ハッピーエンドの楽しい映画はない

  • lemongelato1207 さん
  • 2020年7月16日 14時44分
  • 閲覧数 742
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

他の方のレビューも少し見たので楽しい展開は期待せず見ました。ドラマチックな出来事も無く物語は淡々と展開。真っ正直に生きる女店主の努力にもかかわらず経営する本屋は妨害され苦境に追い込まれ、それでも信念を貫いた彼女の芯の強さ、ピュアさ、勇気がこの映画の本質かと思った。
問題作ロリータを店で販売を決意したのも本屋としての信念だったと思う。
そして彼女に影響を受けた本好きの手伝い少女が後に思いを継いで叶えてくれた。そこでやっと救われた感じ。

劇中も曇りや雨が多く明るい映画では無かったけど主人公が愛らしく、服装、持っている傘、インテリアなど小物がセンス良く可愛い。イギリスの古い街並み、海辺の風景、風になびく麦畑など映像が美しい。暗いけど色彩が綺麗。常に映画で流れる古いジャスのような音楽が重い苦しい雰囲気を少し和らげてくれた。不思議な映画だった。たまにはこんな映画、観ても良いかなと思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不思議
  • 勇敢
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ