ここから本文です

上映中

天気の子 (2019)

WEATHERING WITH YOU

監督
新海誠
  • みたいムービー 1,830
  • みたログ 1.1万

3.76 / 評価:9,586件

このレビュー見たら、再度見たくなる事必然

  • aperitif2006 さん
  • 2019年7月26日 3時12分
  • 閲覧数 2421
  • 役立ち度 177
    • 総合評価
    • ★★★★★

旧レビュータイトル「天才でももがいた生みの苦しみの末の、傑作」

話題作とはいえ、ヤフー映画の評価が1点単位でさがったり、上がったりめちゃくちゃ
ここ数日なんて、レビューが増えて行っても、3.87から全く動かない
どうやらカウントされなくなっている
なんだか奇妙

でも、7月23日の日テレ「news zero」に新海さんが出演されていて、インタビューで興味をそそることを、おっしゃっていました
それで、俄然観に行きたくなり、早速に
(あるツイッターから拝借)
https://twitter.com/RINwimp113/status/1153675585714917376/video/1

「グランドエスケープ」の大サビの部分なんですけど
その歌詞がこちらです
怖くないわけない 
でも止まんない
ピンチの先回りしたって 
僕らじゃしょうがない
僕らの恋が言う 声が言う
「行け」と言う

怖くないわけない 
でも止まんない
という言葉が、来た時にすごく
ああ、これなんだ、この気持ちだったんだって思ったんですよね
一応自分のすべてをつもりを差し出して
でもやっぱり
気に入ってくださる方だけじゃなくて
ちょっと人格までこう否定されるようなことを
時に言われやりするわけですよ
だから怖くないわけはないんだけれども
でも、もう止められないんだ
っていう気持ちが
映画作っている最中も
あるような気がするんですよ
で、なんか
「行け」って言われてる気がするんだよな、っていう

今回エンターテインメント映画として
誇れるなと思うことが一転あるんですよ
それは
政治の言葉では絶対言えないこと
教科書には絶対書けないこと
あるいわ
報道でももしかしたら
絶対に言えないんじゃないかということを
主人公の少年が叫ぶんですよね
エンターテインメントだからこそある種許されるし
人に届くかもしれない言葉です
それはぜひ、こう、届けばいいなと
今願っていますが

以上、まんま、「news zero」でのインタビューから引用


で、これがその該当部分??

逃避行中のホテル(28000円はあり得ない、リサーチ不足?)での、カラオケや枕投げとかの時の
「神さま、お願いです」
「これ以上僕たちになにも足さず、僕たちからなにも引かないでください」
の部分じゃないと思うけど


二人が天空で再会するシーン
陽菜ぁ飛べー
陽菜ぁ会えたぁ
帆高ぁ会えたぁ
手を離さないで
陽菜ぁー
帆高ぁー
陽菜ぁー一緒に帰ろう
でも、私が戻ったら、また天気がぁー
もういい。もういいよ、陽菜もう晴れ女なんかじゃない!!
もう二度と晴れなくたっていい
青空なんかよりも俺は陽菜がいい
天気なんて狂ったままでいいんだぁ
自分のために願って・・・・陽菜
うん


ラスト、3年後に再会する直前のセリフ
もともとは海だった
世界なんて最初から狂ってた
この世界がこうなのは誰のせいでもないんだ
って、伝えればいいのかな
☆違う、やっぱり違う
☆あの日、僕たちは世界を変えたんだ
☆僕は選んだんだあの人を、この世界を
☆ここで生きていくことを

この星印の帆高のセリフを指しているのかな??


すごいのはいろいろの方のブログからこれらのセリフが拾えるのと
脚本はほとんど小説通りになっているんだ(作者が同じだから当たり前だけど)


賛否両論なんて挑戦的なことを言うから、炎上しているけど
いや違うな、単に皆の眼が肥えて厳しく評価しているとかのレベルではない
何か、恣意的なネガティブキャンペーンを感じる
誰も亡くなっていないこのアニメと被災を絡めている方
神秘性がない、キャラが薄いなどなど、、、みんなこれでもか!と悪意のこもった酷評ばかりが目立つ

東京一極集中によるヒートアイランド現象を中心に、テーマ性もあり、前作に負けていない、どころか、一部上回っているすごい作品で
文句なしに今年の最高傑作!!!!だと思うけど、、な


以上が、自分の今までのレヴューです

その後も
様々なところでのレビューや解説など、プロのも参考にしていました
が、
もう、他を見る必要がないくらい、素晴らしいプロのレヴューを発見
https://cinema.ne.jp/recommend/tenkinoko2019080206/?amp#1
「『天気の子』の深すぎる「10」の盲点」
というものです
勝手に載せてすみません

このレヴューが完璧すぎて、言葉がない、、

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ロマンチック
  • 不思議
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ