ここから本文です

ガルヴェストン (2018)

GALVESTON

監督
メラニー・ロラン
  • みたいムービー 145
  • みたログ 353

3.37 / 評価:264件

「監督メラニー・ロラン」のガチ度は感じた

  • ポルティ さん
  • 2020年12月29日 14時33分
  • 閲覧数 379
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

この作品に興味を持った理由は、なにより監督がメラニー・ロランだったからだ。彼女にそんなアーティスト志向があったとは全く知らなかった(調べてみると過去にも監督作があるようだ)ので興味津々。ラブストーリーならいざ知らず、こんなアウトローな漢のクライムムービーを演出したと知っては、もうそれだけで観てみたいという気になるのは彼女のファンとしては当然だろう。
確かにストーリー的には良くある内容だし、賞賛されるような完成度にはないことは間違いないが、そこは多少の割引を考慮してもまず及第点の出来はあると思う。なにより自ら客寄せ的に出演することもなく、監督に徹しているところにメラニーの本気度を感じる。
キャスティングでは、ちょっとビッチな雰囲気のエル・ファニングが哀しい境遇の女性を演じて実に魅力的。今や彼女も完全に姉を凌駕するほどの売れっ子になったなぁ。

今後メラニー・ロランがどれくらいガチに監督業を並行していくかは彼女の意思ひとつだろうが、スター女優の地位に安穏とせず、挑戦を恐れないこのスタンスは大いに支持したい。そのうち誰もが認めるような傑作を撮って欲しいと思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ