ここから本文です

ガルヴェストン (2018)

GALVESTON

監督
メラニー・ロラン
  • みたいムービー 145
  • みたログ 361

3.38 / 評価:271件

ほし よっつ

エル・ファニングが娼婦の役とつらい過去を持つ少女を熱演する、サスペンススリラーである。
内容はギャング組織のヒットマンがボスの罠にかかり消されそうになるも、さすがの技術で逃れる。その時の潜入先に囚われていた娼婦を助けたために、逃亡の旅に同行する形となる。
だが復讐心でボスにゆすりネタを脅迫した主人公は、組織の標的となってしまう物語。

この流れでいくと、復讐の成功を願う展開を期待してしまうのだが、全くそれは進まず、主人公と少女、そして少女の子との3人のロードムービーになるのが面白い。
少女の過去の悲しさ。子供の秘密。
主人公の病の懸念。昔の恋人との再会。
滞在モーテルでの家主や住人との関わり。

見どころは満載である。
特に少女の感情の彩りが豊かで素晴らしい。悲しさもあれば嬉しさや不安もあり、そしてなんといっても魅力的に表現したバーでのダンスシーン、3人の浜辺でのひととき。可愛さと美しさと女性らしさと。男性から見ると好きになってしまう映像である。
これは女性監督ならではの感性じゃないかな。とても良い。

クライマックスはショッキングでやりきれないが、少女の子との再会をきっかけに主人公は思い出の浜辺を歩きに行く。少女の可憐な後ろ姿を思い浮かべて。とても印象的なシーン。

主人公が歩くその姿は、復讐に向かう姿であってほしい。いやきっとそうだ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • ロマンチック
  • 恐怖
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ