ここから本文です

多十郎殉愛記 (2019)

監督
中島貞夫
  • みたいムービー 48
  • みたログ 255

2.88 / 評価:214件

多部未華子の着物姿が愛らしいだけ

  • fg9******** さん
  • 2021年2月25日 13時18分
  • 閲覧数 315
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

…あらすじは解説の次のとおりと書くような内容はないが、取り敢えずは書いておこう。
 『親の借金から逃げて長州を脱藩した清川多十郎(高良健吾)は、無為に生活していた。
 ある日多十郎は、新撰組に押されている京都見廻組から襲撃を受ける。
 やがて小料理屋のおかみのおとよ(多部未華子)や、国元から上洛してきた腹違いの弟・数馬(木村了)を巻き込む死闘へと発展する。』
 チャンバラ映画の重鎮・中島貞夫監督の20年ぶりの作品とあったので観てみる。
 ストーリー運びもさることながら、肝心のチャンバラシーンも単なる遁走劇に過ぎず、刃と刃がぶつかり合い音が地味目で、血飛沫が迸る場面もないので、人が斬られたようには見えんかったな。
 特に、竹林でのシーンは、正しくチャンバラごっこで、グダグダ感で一杯だったな。
 多十郎の弟の存在もウザったくて、話が散漫になるだけだった。
 多部未華子の着物姿が愛らしいだけの、観て損まではしない程度の2.2点といったところかな。

 (メモ 総レビュー数:3924件、2021年度30作品目)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ