ここから本文です

MANRIKI (2019)

監督
清水康彦
  • みたいムービー 32
  • みたログ 76

2.66 / 評価:65件

「凄み」のある映画

  • bpc***** さん
  • 2019年12月17日 17時58分
  • 閲覧数 1605
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

芸人、ラッセンの「永野」
イケメン俳優、昼顔の「斎藤工」

このような世間一般の先入観とも言えるイメージがどうしても先行してしまうので、「見てもいないのに」つまらなそうと言ってみたり、見はしたが「ハナから理解する気がない」ようなお客さんが多いように思えるが、この作品は紛れもなく「映画」である。
そして申し訳ないが、この鮮やかかつ挑戦的な「映画」は、映画IQひいては文化的な背景知識がある程度求められるレッキとした「芸術」だ。


ババアの首が引っこ抜かれ、うろたえる「SWAY」。それをまるで他人事のように俯瞰する「斎藤工」。倫理的には有り得ないシーンなのだが、なぜか笑える。

現在の普通の邦画ではこのメジャーキャストでこんな内容はあり得ない。
唐突な「暴威」がやってきて、客の心を奪う。そして各々が感じ取れるものを感じとる。そういう、いわゆる「作品」なのだ。


映画館に行く目的は人それぞれだが、個人的にはこの「MANRIKI」は、「お金を払って映画館で見る価値のあった久しぶりの邦画」であった。
この「芸術」の制作に関わった全ての人間に敬意を払いたい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 悲しい
  • 不思議
  • 不気味
  • 恐怖
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
  • セクシー
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ