レビュー一覧に戻る
ビリーブ 未来への大逆転
2019年3月22日公開

ビリーブ 未来への大逆転

ON THE BASIS OF SEX

1202019年3月22日公開

joz********

5.0

もっとシンプルに

良くできた法廷劇ですが、もう少しシンプルに仕上げたほうが良かった。 脚本家が法律を勉強し過ぎて、観客がついていけない。 素材が良いのだから、もっとシンプルに。 もちろん、自分の理解力のなさを棚に上げています。(^^ゞ ・・・と、ここまで書いて主人公のルース・ベイダー・ギンズバーグって、実在の人物なんですね。 つい最近話題になった人と気付くのにだいぶ時間がかかりました。 今年の9月に87歳で亡くなった、あの最高裁判事だったのです。 9人いる判事の中で、革新派(=民主党)の4人の内の一人でした。 トランプが無理矢理彼女の後がまに、保守派(=共和党)の判事をねじ込んだのが話題になりましたね。 このため比率が6:3となった訳です。 アメリカ人の多くが彼女を尊敬し、【R.B.G】と呼ばれるくらい有名な判事でした。 何故そんなに彼女が人気があったのか、この映画を観ればよく分かります。 あのハーバード大学からコロンビア大学に転校し、首席で卒業したのですから、頭が良いと同時に努力家でありました。 それでも女性であることで差別を受けます。(おまけにユダヤ人。) その性差別を扱った最初の裁判を描くのですが、敗訴になるのは確実とされる中で、彼女の弁論で大逆転するのです。 彼女の夫を演じたアーミー・ハマーが良い雰囲気を出していました。 テーマは、法律の解釈は時代に応じて変化するか?というとてもデリケートで難しいものです。(原題はOn the Basis of Sex) 彼女に敬意を表して星5つ。

閲覧数772