レビュー一覧に戻る
ビリーブ 未来への大逆転
2019年3月22日公開

ビリーブ 未来への大逆転

ON THE BASIS OF SEX

1202019年3月22日公開

oce********

3.0

男女平等であること

リベラル派の代表のようなアメリカの最高裁判事のルース・ギンズバーグが去年死去。 そこで彼女の弁護士時代を描いたこの映画。 そもそもが女性が弁護士をやるという考えがなかった時代。 そこに風穴を開けるが如く、法廷で弁護士としてやっていこうとするのだから困難は当たり前。 映画の制作時は存命だったため、かなりお行儀良いつくりにはなっている。 その代わりフェリシティ・ジョーンズが芯の強い女性を演じており、そこがブレないのでルースは若いころから信念を持っていることが伺える。 ラストは本人まで登場するが、最期の大統領がトランプというのはなんとも皮肉でしかない。

閲覧数854