レビュー一覧に戻る
ビリーブ 未来への大逆転
2019年3月22日公開

ビリーブ 未来への大逆転

ON THE BASIS OF SEX

1202019年3月22日公開

かりん

4.0

ネタバレ性差別の根は深い

月9ドラマ「ミステリと言う勿れ」の原作漫画5巻で天達先生が学生に勧めていた映画。 初の男女平等裁判に挑んだ女性弁護士の実話。 憲法に「全ての国民は法の下に平等」と掲げながら、そもそも「女は家庭、男は仕事」を前提にした男社会で、性差別が当たり前のように法律で認められている。 うんざりするほどの根深さを感じた。 介護の控除は女性だけのもので、男性には認められず詐欺とまで言われる。 何が平等なのか… が、最後は主人公の弁論により「法律上の性差別は違憲」とスカッとする結果に落ちつき、エンディングではご本人登場となり清々しい気分で見終えることが出来た。 夫も素晴らしく、家事・育児は当たり前、妻の優秀さを認め、裁判を共に闘ってくれるできたお方! (「君の名前で僕を呼んで」で見たばかりのアーミー・ハマー) ドキュメンタリー「RBG」も見てみたい。

閲覧数1,693