ここから本文です

ある少年の告白 (2018)

BOY ERASED

監督
ジョエル・エドガートン
  • みたいムービー 215
  • みたログ 314

3.51 / 評価:256件

社会的な意味は認めるけれど

  • mam***** さん
  • 2019年5月16日 0時00分
  • 閲覧数 517
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

つい最近までこのような施設があったことは驚きですが、アメリカには保守的な考え方の人たちは実はけっこういるだろうな、と改めて思いました。社会に向けて一石を投じた、という点においては意味のある作品なのかもしれませんが、しかし、映画としては面白くないです。おそらく、脚本の完成度がイマイチなのではないでしょうか。ドラマティックな盛り上がりがなかったとしても、あんなに親に従順だったおぼっちゃまが、厳格な父親に意見できるようになるまで、また、家族の苦悩、お互いが変わっていく様子をもう少し丁寧に描いてくれなくては、観ている方も感情移入できません。ニコール・キッドマンの演技が唯一の救いでした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ