ここから本文です

特捜部Q カルテ番号64 (2018)

JOURNAL 64/THE PURITY OF VENGEANCE

監督
クリストファー・ボー
  • みたいムービー 59
  • みたログ 329

4.03 / 評価:231件

演技は素晴らしいが納得がいかない結末

  • lon***** さん
  • 2021年2月7日 8時41分
  • 閲覧数 230
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

演技は素晴らしく映画に引き込まれた。また優生思想によるひどい行いは、絶対に許せず憎しみを覚えた。
しかし復讐のための殺人だとしても、見逃されるのは違和感があった。また犯人が本当の悪人には近寄りづらいので何もできず、閉鎖的な空間で支配されていた弱い人物のみを殺害して終わっているのも納得がいかない感じがした。
結局悪人は捕まったが、どこまでの罪になるかわからない。
船上において、カールはヒヨスでラリるのではなく、自首して罪を償うとともに、島で過去にあったことを明らかにして本当の悪人がきちんと罰せられようにすることを説得すべきであったと思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不気味
  • 恐怖
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ